インフルエンザ予防の「うがい」は効果なしの理由

スポンサード リンク

うがいは長い間手洗いと同じく、風邪などの感染予防の基本と言われ、学校でもうがいと手洗いはセットになっていました。

しかし、「うがい」はインフルエンザの予防方法としては効果がないと言われています。いったいなぜなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

がらがら~ペッ!パラ。インフルエンザ予防は完璧パラ♪

そのうがいは意味がありません。うがいは、口の中や喉を洗って細菌やちり・ホコリなどを粘液と一緒に除いてくれますが、口の中の唾液などの分泌液には殺菌成分が含まれています。

インフルエンザで効果ない!意味ない「うがい」

口は空気中の細菌やウイルスなどに対する防御機能としての機能もあります。口を刺激すると粘液の分泌や血行が盛んになり、防御機能が活発に働きます。

喉が潤っていないと気道粘膜の防御機能が低下し、細菌やウイルスが付着しやすくなるのです。インフルエンザウイルスは、気道に付着すると20分ほどで細胞の中に取り込まれて増殖をする特徴があります。

つまり、インフルエンザのウイルスを身体にいれないようにうがい対策するには、20分ごとにうがいをしないと効果がないのです。

20分毎のうがいは非現実的であることから、「効果がない」といわれています。そもそもインフルエンザウイルスは感染力も強力のため、20分以内にうがいを繰り返しても思うような効果を得るのは難しい・・・。

もやパンダ
もやパンダ

20分ごとにうがいをするのは無理パラ・・・。

インフルエンザ対策は手洗いが効果的

インフルエンザに対してうがいは効果が期待できませんが、うがいは風邪の予防には効果があると科学的に実証されています。うがいをすることは有効です。

では、インフルエンザの予防はどのようにしたらよいのでしょうか?ワクチン接種もありますが、手洗いをすることが重要です。

手についた汚れや細菌、ウイルスを洗い流しましょう。15秒以上の手洗いがインフルエンザウイルスを落とすのに効果的であることも研究結果として立証されています。

 

インフルエンザ対策
・うがい = ×
・手洗い = 〇

風邪対策
・うがい = 〇
・手洗い = 〇

15秒以上の手洗いが効果的

 

まとめ インフルエンザの予防は手洗いが効果的!

もやパンダ
もやパンダ

学校に着いた後に手を洗うパラ。入社した時に手を洗うパラ。帰宅後もしっかり手を洗うパラ。アライグマになるパラ。