ダイエット・健康・美容に効果的なベジブロスとは?作り方

更新日:

植物はヘタの部分(葉と実の間)に栄養素が集中的に含まれています。老化防止にがん予防など、家の生ゴミは宝の山だったのです!枝豆の皮も玉ねぎの茶色い皮も全部食べて健康へ。

 

ベジブロスとは


普段捨ててる野菜の残りカスを捨てないほうがいいらしいパラ!なんで捨てないほうがいいパラ?

 


ベジブロスは野菜の皮や種やヘタなど、今まで捨てていた部分を使用して作り煮込んだダシのことを言うの。普段捨てていた野菜の切れ端になぜ栄養が多く含まれているのか・・・。

 


気になるパラー!!

 


見てみましょう。

 

フィトケミカル

フィトケミカルは、ポリフェノールやイソフラボンと同じです。植物は外敵や外気温などの外部から身を守るためにフィトケミカルという栄養素を作り出します。

 

フィトケミカルは野菜が紫外線や虫から身を守るために細胞内で作り出す成分です。フィトケミカルを摂取することで、代謝アップに働く抗酸化作用があり、さらに免疫力のアップ、ガン予防など病気や老化の抑制、活性酸素の増加などを防いでくれます。

 

フィトケミカルが多く含まれている部分

◎種

◎ヘタ

◎根

 

ベジブロスの作り方

1・・・
野菜の皮、種、ヘタなどを100~200g用意します

2・・・
1リットルの水とともに30分〜40分程度中火で煮込みます

 


作ったダシは、冷凍保存が可能だから、いつでも使えるように保存しておきましょう。フィトケミカルにはダイエット、美容、健康のトリプル効果があるわ。

 


「食材の使える部分はすべて使う」日本人の食文化と馴染んでいるパラ。 日本人には特に向いているダイエット法パラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-痩せる食べ物, 健康維持の方法

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.