満腹感を得ながら太りにくい食べ物6選!

ダイエット
スポンサード リンク

ダイエットは空腹との闘いだ。腹が減っては戦ができぬ。しかし腹いっぱいではダイエットができぬ。

空腹になってしまうと間食をしてしまったり反動で過剰に食べてしまうこともある。そして後で後悔することもしばしば。

では、満腹感を感じながら太りにくい食材はあるのだろうか?かなり都合がよい考えなのだが実はあるのだ。

満腹になりやすいダイエット向き食材

空腹はダイエットの天敵である。しかし空腹に勝たなければ痩せることはできない。ダイエットの期間中は、いかにして空腹を回避しながら痩せていくか、でもあるのだ。満腹になり、尚且つ太りにくい食材は次にあげられる。

モヤシ

モヤシは一見するとやる気のなさそうな野菜に見えなくもないのだが、実は腹持ちがよい嬉しい食材だ。豆類になるためタンパク質・ビタミンB群・C、ミネラルが豊富に含まれている。

また、デトックス作用もありながら低カロリーになる。美容とダイエットに強い味方だ。

キャベツ

キャベツは様々な料理に使うことができる便利な食材だ。ビタミンCが豊富に含まれており美肌効果に期待ができる。

胃の粘膜を調整するビタミンU・イソチオシアネート・カロチン・ビタミンKなども含まれているため健康面にも効果がある。健康に痩せるためには嬉しい食材だ。

加えて腹持ちがよい。ときどき高騰することもあるのだが比較的値段の安さが魅力だ。

ニラ

糖分を分解してエネルギーに変える作用を持つビタミンB1がニラには含まれている。他にもカルシウム・ビタミンAが豊富だ。

ニラは噛み切りにくい。そのため何度も噛むことが必要になる食材だ。噛む動作が増えるほど満腹中枢が刺激されやすくなり過剰な食べ過ぎを防いでくれる作用がある。ニラを食べるときにはとにかく噛む。これが大事だ。

ゆで卵

低カロリーで栄養度の高い卵。完全栄養食とも呼ばれている。それはそのはずだ。卵からひよこになるのだ。ひよこになるための栄養成分が卵には詰め込まれている。栄養が低いわけはない。

卵をゆで卵にすることで満腹感を高めながら腹持ちをよくすることができる。ポイントは固めに茹でることだ。固いほうが腹持ちがよくなる。

また、卵には黄身と白身の部分にわけることができるのだが、ダイエットには脂質のない白身部分が効果が高い。

豆腐

豆腐は低カロリーで栄養度が高い。特に豆腐を作るときに出る残りカスの「おから」はお腹を膨らます効果がある。水により3倍ほどに膨れるのだ。

胃の中で膨れるため満腹感を得やすい。その結果、暴食・過食を回避できる。おからはかさ増しダイエット方法でもよく利用されている食材になる。

にぼし・こんにゃく・するめ

にぼし・こんにゃく・するめは噛む時間が比較的長い食材だ。ニラよりも噛む時間は長い。とくにスルメは10年ぐらい噛み続けることができるんじゃないかと勘違いしそうなほど永遠に噛み続けることができる。

噛めば噛むほど満腹中枢を刺激できるため過食・暴食を防ぐことにつながる。

まとめ 満腹ダイエット方法は低カロリーで腹持ちがよい

ダイエット中に満腹になるにはできるだけ低カロリーな食品を探すことが重要だ。そして噛む動作も大切。

空腹を我慢するとそれがストレスになり健康面にも悪い影響が出かねない。満腹になりやすく太りにくい食材で空腹を可能な限り回避することがダイエットの成功につなげることができる。ただし食べ過ぎには注意が必要だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり