エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

揚げ物を食べても太らないダイエットの方法

シェアする

Fry

唐揚げや天ぷらなどの揚げ物には美味しい料理がたくさん。しかし油を多く含んでおり、高カロリーとなるためダイエット向きの食材とは言えません。揚げ物が好きの人にとってダイエット中に食べれないのはストレスがかかり、リバウンドに繋がる恐れもあります。そこで、揚げ物と一緒に他の食材を組み合わせる事で肥満化を抑制する事が可能となります。

スポンサード リンク

揚げ物とトッピングで痩せる!

@MP14つらいパラ~ダイエットしてるのにお店のサンプルが揚げ物パラダイスパラ・・・我慢できなくなるパラ・・・。

@MPHRK1太らない揚げ物を選んでみたら?

@MP5そんなのあるパラ?

@MPHRK5唐揚げやトンカツにレモンやお酢。唐揚げやトンカツを外食で頼むと一緒にレモンが付いてくる事があるわ。揚げ物にレモンをかけると酸化した油を中和する作用があるため、代謝の悪化を防ぐ効果が期待できるの。

家でご飯を食べるときはレモンを一緒に食べる事が少ないとおもうけど、揚げ物とレモンを一緒に食べることでダイエット効果になるから一緒に食べるようにしましょう。

そしてお酢にもレモンと同様に酸化した油を中和する作用があるの。唐揚げやトンカツにはレモンを使い、天ぷらにはお酢を使うなど、揚げ物によって使い分けてみるのもいいわね。

お酢も効果的

一般的に、揚げ物は脂肪分が多くてカロリーが高いうえに、悪玉コレステロールを増やすので、ダイエット中には控えるべき食べ物だとされています。ダイエット中の人にとって辛い食品となりますが、糖質制限ダイエッターの間でこの揚げ物にソースではなく、お酢をかける事がひそかなブームとなっています。

お酢は、脂肪の分解を行っているリパーゼという酵素の働きを活性化させる効果と、酸化した油を中和させるインスリンの分泌を穏やかにする作用があります。血糖値を下げるために体内で分泌されるインスリンが余ってしまうと、そのインスリンは血液の中の糖分を脂肪に変える働きをする作用があるため、インスリンが過剰に出てしまうと身体に脂肪が付いてしまう危険性が高まります。食事の時に一緒に食べれば、過剰なインスリン分泌の予防に繋げる事が出来るのです。

また、お酢にはアミノ酸が含まれており、アミノ酸は新陳代謝を活性化させて内臓の働きや細胞の代謝を高めることが出来るため、基礎代謝量が上がって、 結果的に痩せやすく、太りにくい体質を作り上げることが可能です。

油を中和して痩せる!

@MPHRK4焼き肉の前にはキムチが効果的!。油物と言えば焼き肉も例外ではないわ。キムチには多くの野菜や果物を唐辛子などに漬けて発酵し作られているため、乳酸菌が豊富に含まれているの。

焼き肉を食べる前に、キムチの中に含まれる乳酸菌を食べる事により代謝が上がりやすくなると同時に、唐辛子に含まれるカプサイシンにより、脂肪の燃焼効率を高めるわ!

@MP7気を付ける点もあるパラ。「組み合わせ」により太りにくくなる効果があるとは言え食べ過ぎると太ってしまうパラ。ダイエット中という意識を持って、ストレスを少しでも少なくできるダイエットを行う事が大切パラ。

@MPHRK1ダイエット中でも時には食べたくなる揚げ物。できるだけ罪悪感なくダイエット生活を送るために揚げ物の食べ方にも工夫したいわね。