ダイエットに失敗しない成功するためのポイントとは

ダイエット
スポンサード リンク

最近太ってきた。たるんだ脂肪に突き出たお腹。自分でいうのもなんなんだが・・・。

「醜い」

こういう人も多いはず。自分の身体を鏡で見てはブルーな気持ちになっている。むしろ永遠に美体系をキープできるのはアスリートかモデル・芸能人くらいだ。彼ら彼女らは目的があって美体系を維持しているのだ。

目的?

ダイエットで痩せるために成功を得るにはこの「目的」にヒントがありそうだ。そもそも「ダイエット」とはなんなのか?痩せる行動なのはわかるのだが、具体的に見ていこう。

ダイエットで痩せるために必要な知識

身体に脂肪がついたときにはその脂肪を取り除くためにダイエットを始める。痩せるためには脂肪を落とせばよいわけなのだが基本的なことをまずは頭に入れておこう。

メモ

・摂取量より消費量を増やす

どういうことだかわかるだろうか?

人は食べ物を身体の中に入れる。入れないと死んでしまうからだ。その食べ物に含まれる栄養素を身体が吸収してエネルギーにかえる。

人間など動物だけではない。植物も光・水・土に含まれる栄養素を吸収してエネルギーにかえながら成長をしている。パソコンもそうだ。電気というエネルギーがなければ動かない。

このように生きているもの・動くものでは「エネルギー」が必要になるわけだが、このエネルギーを作るために身体の中へ「摂取」しているのだ。

「消費」は身体を動かすなどをした結果、エネルギーが減っていくことを指す。身体が動くとエネルギーが使われる。

ガソリン満タンの自動車は動かすたびにガソリンが減っていく。エコ運転をしなければその減量も加速する。ガソリン代が高い・・・。勘弁してほしい。そこでエコ運転をしている人も多いのだが、これはガソリンの消費量を抑えるためだ。

ダイエットでも同じ考えだ。消費量をガンガン!バンバン!使いながら燃やしていくと早く痩せるのだ。急加速急ブレーキ運転で自動車のガソリンがすぐになくなるように消費を多くするとエネルギーもその分早くなくなる。

なんとなく理解できただろうか?余計にわからなくなった人もいるかもしれない。ようするに、「食べる量よりも運動をして消費する量をふやしましょ!」ということ。

ダイエットを始めるために最初に知るべき最も大切で基本的なことになる。摂取量よりも消費量を増やすことで体重が増えるのを防ぐことができるのだ。

間違えた知識でダイエットの失敗につながる

摂取よりも消費を多くすることで痩せることはわかったのだが、ダイエットに成功するためにはこう単純な話ではない。

重要なことは、「身体の中にある余分なものを身体の外に排出する」こと。想像して欲しい。想像豊かなその大脳を使って考えてみよう。

食べることを辞めた。そして体重が減っていく。何も食べない。そしてまた体重が減る。その人の身体をみるみるうちに痩せていく。しかし、その身体は美しいのだろうか?ガリガリになっていないだろうか?理科室にある骨格標本みたいになっていないだろうか?

消費するということは、身体からエネルギーを出すことを意味する。摂取量が極端に少ないと消費する量が異常に高くなりすぎて痩せすぎる恐れがあるのだ。

ダイエットをはじめたきっかけを思い出して欲しい。「今の自分を変えるためにきれいになりたい」こういうことではなかったのだろうか?

痩せすぎたその身体は周囲から見るときれいというよりも「病気」だ。「かわいい!きれい!」というよりも「大丈夫・・・?ちゃんと食べてる・・・?」の感情が大きくなる。

これではダイエットの失敗だ!

その身体はガリガリの不健康に見えてしまう恐れがあるのだ。健康的な身体を維持しながら痩せるにはバランスが非常に重要になる。

痩せるために目標をたてる

生き物の身体は余計な食べ物・栄養素を排泄物として身体の外へ排出する。身体の中にエネルギーが有り余るとお腹がどんどん膨れ上がってやがてパンクをしてしまうからだ。

もはや、ホラーである。

そうならないために必要なエネルギー以外はなるべく蓄えないように調整しているのだ。しかし、本来でなければいけないものが出ずにいることがある。「便秘」だ。便秘は排泄物が身体の中に溜まり続けることをいうのだが、腸閉塞を発症して死亡したケースもあるため甘く見てはいけない。

そもそも脂肪は身体を守る大切な役割がある。外部の衝撃を和らげてくれているのだ。効果音的にいうと「ぽよ~ン♪ぽよ~ン♪」だ。「ぼよよよ~ン!」までいうと肥満音が強い。

重要な脂肪として蓄えることができなかった余りの脂肪を身体の外へ出す意識を持つことが大切になる。

そこでポイントになるのが、ダイエットをはじめる前に「目標をたてる」ことだ。なぜダイエットがしたいのか?目的がないと途中で諦める確率が高くなる。挫折をして失敗につながりやすい。

目標をたてることが重要だ。目標はなんだって構わない。

メモ

・あのモデルみたいな身体になりたい!

・かわいい服、かっこいい服が絶対に着たい!

・マッチョになってモテたい!

・健康を維持したい!

・夢で広瀬すずに痩せた姿がイケメンって言われた!

なんだっていいのだ。自分でやり遂げられる目標を作ることが大切だ。

ちなみに、一般的な意見なのだが異性が好む体形がある。男性から見た女性の身体は丸みを帯びて少し肉付きがよい身体だ。そして、女性からみた男性の身体は筋肉がほどよくついている細マッチョだ。

もちろんこれは一般的であり、ゴリマッチョが好きな人もいれば、いわゆるD専といわれる超肥満体系が好きな人もいる。

目標を立てても失敗した場合は視点をかえる

ダイエットの成功には目標を立てることが大事だ。しかし、目標を立てて強くその目標に突き進んだにも関わらず失敗してしまうときにはどうしたらよいのだろうか?

ダイエットは失敗する確率が高い。失敗するのは当然の結果だ。なぜ?身体に負担がかかるこれまでの日常とは違う嫌なことをするからだ。それに加えていつでもダイエット自体を辞められる環境がある。

ダイエットを続けるのは至難の業なのだ。その修行ともいえるダイエットに目標を立てて挑んだものの失敗。

そのようなときには、視点を変えてみるとよい。ダイエット方法はなぜこの世にたくさんありふれているのだろうか?星の数ほどある。

その理由は、人の体質・性格・生活習慣がそれぞれでバラバラだからだ。挑戦しても失敗してしまうのは、自分に合うダイエット方法の選択を間違えているため

目標をたてても自分の身体に合っていないダイエット方法を選んでしまうと効率よく痩せることができない。そして痩せない身体に嫌気がさして諦めてしまう悪循環に陥るのだ。数ある中から自分にできそうなダイエットを探すことができたら痩せることができる。

「あのダイエットは効果がない」という医師や専門家もいる。しかし、実際に痩せた人もいる。当たり前だ。人の身体はそれぞれ。人の体質・性格・生活習慣に大きく左右される。痩せることができた人はダイエット方法が自分に合致していたということ

しかし、ダイエット方法の中には命の危険につながるやり方もある。五感をフルに活かして危ないと感じた場合にはすぐにダイエットを中止することが重要だ。痩せるどころかそのまま仏様になっては目も当てられない。

まとめ 目標を立てて自分に合うダイエット方法を見つける

ダイエット方法は他にいくらでもある。自分に合うダイエット方法を見つければよいのだ。人の身体にはそれぞれに理想の体型がある。それを超えるとガリガリ体型に見えたり痩せて見えなかったりする。

魅力的な身体を手に入れるためには「健康的に痩せる」ことが重要だ。痩せたその身体が病気っぽく見えてしまうともったいない。ダイエットの目的はきれいになるためだ。痩せるためではない。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり