気になるキーワードを検索

健康維持の方法

葉酸の食べ物「海苔」効果で大腸癌予防ができる!

更新日:

日本人に多い死亡原因の上位を占める大腸がん。発病したくはない病気の一つなのだが、「葉酸」でリスクを下げることができるといわれている。

現在は癌になっても助かる可能性が高くなっているのだが、それでも癌リスクは下げておきたいのが心情だ。

野菜などに含まれる天然の葉酸に、大腸がんのリスクを下げる効果があることがアメリカの研究で判明した。いったどういうことなのか?

葉酸に大腸がん予防の効果がある

米国では胎児の脳の異常を予防する目的で、食品への葉酸の栄養強化が義務付けられている。

1998年以降の登録者 99,523人(男性43,512人、女性 56,011人)のデータを分析した米国癌協会のビクトリア・スティーブンス研究チームが、天然の葉酸とサプリメントや栄養強化に使用される合成の葉酸を区別した。

メモ

・野菜などに含まれる天然の葉酸

・食品の栄養強化

・サプリメントに使用される合成の葉酸の摂取量

・両方の葉酸を含む総摂取量

上記を基準に5グループに選別。そして最も多い人々と最も少ない人々を比較した。

その結果、天然の葉酸で最も多い人々は大腸がんのリスクが14%低く、合成の葉酸で最も多い人々はリスクが16%低いことがわかった。

この他にも研究をした場所がある。愛知県がんセンター研究所だ。研究チームは、同様に「葉酸」を多く摂取する人、そして飲酒をしない人ほど、大腸がんになりにくいという報告をあげているのだ。

恐るべき葉酸のがん抑制成分である。恐るべき?いや、「愛すべき葉酸のがん抑制成分」である。

大腸がん検診のリスクを下げる葉酸を含む食材とは

葉酸のちからで大腸癌のリスクを下げることが分かった。そうなると気になるのは葉酸が含まれる食材には何があるのか?ということだ。次にあげられる食材に葉酸は含まれてる。

メモ

・ホウレン草

・枝豆

・パセリ

・ブロッコリー

・緑葉野菜全般

・レバー

・鶏肝臓

・海苔

これらの食材を効率よく食べるには、鮮度が高いうちがベストである。

そもそも葉酸には、DNAの修復で間違った遺伝情報が作られた場合に修復する凄い働きを持っているのだ。

葉酸がずば抜けて含まれる佐賀の海苔

実は葉酸に特化した食べ物がSAGA「佐賀県」にあるのだが、その食材は誰もが知る海苔だ。

おにぎりには海苔が外せない。むしろおにぎりのメインは海苔といっても過言ではない。海苔のないおにぎりはただの「握り飯」だ。

・・・当然である。

佐賀県は葉酸が豊富に含まれている海苔の生産量が全国1位。生産量は日本全体の40%も占めている。

驚くことに10人中7人が大腸がんになりにくい身体をしているという。さらに佐賀の有明海苔の場合は、大腸癌予防以外にも食道がんすい臓がんにもがん予防の効果があるとされている。

佐賀県民はがんに強い免疫力をもっていた。

しかし、400μgを毎日食べることが重要だ。μg?どのくらいなのだろうか?枚数にすると1日16枚食べる必要がある。そして葉酸の摂り過ぎは便秘になる副作用もあるため体調を見ながら摂取することが大切だ。

まとめ 佐賀の海苔は癌予防に最適

佐賀県の海苔はすごい。そしてその海苔を食べている佐賀県民はがんに強い身体を手にしている。葉酸にはがんを抑制する力があるのだ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.