気になるキーワードを検索

健康維持の方法

R-1ヨーグルトは風邪・花粉症・インフルに効果的!注意点

更新日:

インフルエンザは毎年脅威をもたらす。その脅威から逃れるために対策として「手洗いうがい」の徹底するように昔から言われてきた。

しかし最近ではインフルエンザ対策としてヨーグルトを食べたり飲むとよいという。いったいどういうことなのだろうか?

インフルエンザにかからないためにヨーグルトの力を借りたらよい?ヨーグルトには種類がたくさんある。

インフルエンザに効くR1ヨーグルト

明治から販売されている1073R-1乳酸菌を配合したR-1ヨーグルトが効果的だ。ヨーグルトの種類もたくさんあるのだが、配合されている乳酸菌の種類が違う。

乳酸菌には、「便秘予防」・「便通をよくする効果」・「免疫力向上」・「美肌効果」・「花粉症対策」・「アトピー対策」・「ダイエット対策」・「インフルエンザ対策」など実にさまざまだ。

大腸の環境を整える

R-1ヨーグルトのように、インフルエンザ対策によいとされているヨーグルトもあれば、他の効果に優れた乳酸菌を配合したヨーグルトもあるため、中身に気を付けて選ぶ必要があるのだ。

R-1が免疫力を高める研究結果

R-1ヨーグルトには、乳酸菌「ラクトバチルスブルガリクスOLL1073R-1」が配合されている。この乳酸菌がつくりだすEPS(多糖体)が免疫力を高めたり、関節炎対策に良いとされ、さらにインフルエンザ対策効果などもあると研究によって発表されているのだ。

佐賀県有田町にある有田共立病院の井上文夫院長が発表した研究結果によると、2010年9月から11年3月まで半年間、明治から無償提供された「R-1」飲料タイプを、町内の小中学生約1900人に給食後1本、継続的に飲ませた結果、生徒のインフルエンザ発症率や欠席率が周辺市町や県の統計の数値のわずか1割程度になったことがわかった。

テレビでも大きく報じられ、全国のスーパーやコンビニで品薄状態が続くほどのR-1ブームが巻き起こり、今年も根強い人気と信頼性を保っているため多くの人が寒くなる時期に買い求めている。

ただ、井上院長は今回の研究結果が示したのはあくまで「可能性にすぎない」とのこと。

実際にR-1を摂取することで毎年のようにかかっていたインフルエンザがピタリと止まったという人も多くいる。反対にR-1を飲んでいたのにインフルエンザにかかったという人もいる。

どちらにしても継続して摂取しなければ効果は薄れていくのだ。また、人の体質はそれぞれ大きく異なるために違いが出て来ると予想される。今度の更なる研究が待たれる。

インフルエンザにかからないようにするには免疫力を高めてインフルエンザウイルスを身体の中にいれないようにすること。

インフルエンザは人から人へ伝染するウイルスのため、不特定多数が手をかける、例えば「ドアノブ」は注意が必要だ。

人間の腸は善玉菌悪玉菌が争いを続けており、善玉菌が優位の状態にあるのだが、免疫力が落ちていくと悪玉菌が増えてしまう。

そして、さまざまな病気を引き起こすことにつながる。そこで、ヨーグルトを食べることで腸の中で善玉菌が悪玉菌を倒していくのだ。

善玉菌が増えた腸内は腸内環境が整う。

腸は免疫細胞を大量に作り出す場所でもあり、免疫力が向上するとインフルエンザウイルスに対抗する身体を作ることができる。

ヨーグルトでインフルエンザを治す注意点

万能なヨーグルトなのだが注意点がある。

風邪の時や体調不良の時など、ヨーグルトを食べる人もいる。しかし、「風邪薬」と「ヨーグルト」は同時に摂取しないようにする

風邪薬を飲んでいるときにヨーグルトを食べると、体内で風邪薬がヨーグルト菌と一緒に醗酵してしまうのだ。

すると、血圧が高くなることがあるため、とくに高血圧症の人は動脈硬化等に気をつける必要がある。

まとめ R1でインフルエンザ対策

インフルエンザになってR-1ヨーグルトを食べても即効性はない。日常的に食べることが大切だ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.