飛蚊症の原因は老化と近視!病気の可能性

健康維持の方法
スポンサード リンク

視界に虫のようなゴミのような、謎の「うようよ」がある人は「飛蚊症」の可能性がある。飛蚊症になる人とならない人の違いの差はあるのだろうか?黒いゴミがたくさん見えている場合は要注意かもしれない。

飛蚊症とは

飛蚊症(ひぶんしょう)は、視界にゴミや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を指す。

蚊が飛んでいるようにみえることからこのように呼ばれており、色は半透明だったり黒色だったりする。

飛蚊症の原因は老化

原因の1つに老化がある。60歳以上の3人に1人が飛蚊症になっていると言われているのだ。

年を取ると目の中の硝子体の中に「にごり」が生じてくるのだが、目の外から光が入ると、この「にごり」が影になり反射されてしまうため、蚊が飛んでいるように見えてしまう。

飛蚊症の原因は近視

2つ目の原因は近視。

近視の目の人は網膜が楕円形状に伸びてしまっている。目の中の硝子体も網膜に引っ張られる形で楕円形になるのだが、ある時に硝子体が網膜から外れてシワができてしまうのだ。

目に入ってきた光がこのシワを反射することで蚊のようなものが見えてしまう。近視の場合は若い人でも飛蚊症になる可能性がある。

飛蚊症は病気の可能性もある

飛蚊症に似た症状として、他の病気の可能性がある。飛蚊症が透明の場合は問題ないのだが、影が黒かったり、今までよりもいきなり数が増えたり、視野が欠ける症状が出る場合は注意が必要だ。

影が濃い場合は、眼底出血網膜剥離の可能性がある。

まとめ 見えている影の色にも注目する

目の前にある謎の飛行物体、ひょっとすると飛蚊症かもしれない。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり