フラックスシードとは?ダイエット方法のやり方と効果

ダイエット
スポンサード リンク

海外で「フラックスシード」が話題を集めている。どうやら痩せる効果があるというのだ。フラックスシードの名前を聞いたことがあるだろうか?日本ではあまり知られていない名前だ。

フラックスシードは海外で広く知れ渡っているのだが、ダイエット効果の他にもコレステロールの低下・心疾患などのリスクが減少するとされている。

実はこれ、日本名いう「亜麻仁」のことだ。亜麻仁がダイエットに効果があるという。見ていこう。

フラックスシードダイエットとは

アマ科植物の種でミラクルフードと呼ばれ、高い栄養成分が含まれている亜麻仁。亜麻仁はアメリカでフラックスシード(Flax seed)と呼ばれている。そして、フラックスシードはダイエットの効果が高い食品として注目を集めているのだ。

身体の機能を維持する為には「オメガ3」と「オメガ6」の2つの必須脂肪酸が必要だ。しかし問題がある。この2つの栄養素は自分の身体では作ることができないのだ。

ではどうしたらよいのだろうか?

食事から摂取する必要があるのだが、フラックスシードにはオメガ6が「20%」・オメガ3が「60%」含まれている。フラックスシードを摂り入れるだけで身体に必要な栄養素を摂取することが可能になる。

オメガ3脂肪酸の健康効果

オメガ3脂肪酸は血液の流れをサラサラにする作用がある。血液がドロドロになると血管が詰まりやすくなり脳梗塞や脳卒中を引き起こしやすくなる。

ルンルンスキップをしながら買い物の途中に倒れたいだろうか?好きなアイドルを見ながら応援している最中に倒れたいだろうか?

それが本望の人もいるだろう。しかし大半の人が突然死は避けたい。

ある日、頭に激痛が走ったり心臓が痛くなったりしてそのまま意識を失う。そして永遠に目は開かない。あの世でエンマ大王に「はじめまして」の挨拶をする。そうなりたくなければ血液の流れは非常に重要だ。

オメガ3脂肪酸はコレステロールを下げる効果・糖尿病予防・関節炎・肥満などの予防・アレルギーを抑制するなどの健康効果を得ることができる。

それだけではない。

細胞のミトコンドリアを活性化させる力があり、脂肪の代謝を効率化する効果もあるのだ。ようするにダイエットの効果にも期待ができる。

さらに、乳癌・卵巣癌・前立腺癌のリスクを低下させる「リグナン」をはじめ、便秘予防につなげることができる「食物繊維」、免疫力を高める「βカロテン」、老化を防ぐ「ビタミンE」なども含まれる。

メモ

・コレステロール抑制

・糖尿病予防

・関節炎予防

・肥満などの予防

・アレルギーを抑制

・ダイエット効果

・乳癌・卵巣癌・前立腺癌予防

・便秘予防

・免疫力アップ

・老化防止

リグナン

フラックスシードの中に含まれているリグナンの効果を少し掘り下げて見ていこう。リグナンは癌を抑制する効果がある。ただ、癌リスクを下げる効果の他にも嬉しい効果が含まれている。

女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きを持つ

女性には嬉しい情報だ。男の娘にも嬉しい情報だ。女性ホルモンは年齢を重ねるたびに減少していく。女性ホルモンは非常に重要なものであり、女性らしい体型を維持してくれる。女性ホルモンがない女性は「おっさん化」してしまう話もよく聞く。

いい年を迎えた女性の口元から髭が生えてくることもある。そのままサンタさんになりクリスマスパーティーをしたいところだが現実的ではない。毛抜きで伸びてきた髭を地道に抜くことになる。中には髭剃りで「ビ~ン!」と、髭面おっさん顔負けのテクニックを見せてくれる女性もいるかもしれない。

女性ホルモンが減ると女性らしい体型を作りづらくなるだけではないのだ。

同時に無気力感・不安感・イライラなどの感情が出やすくなる。この手のマイナス要素は周囲に伝染しやすいため自分でもどうにかしないといけないと思っている人が多いのではないだろうか?そこからくる冷え症や肩こりなども悪化しやすい。

「女性ホルモンよ、戻ってきておくれ・・・」

家出した女性ホルモンはいつ帰ってきてくれるのかわからない。それならば新しい女性ホルモンを迎えようではないか。

フラックスシードに含まれる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするリグナンを摂取することにより、これらの症状を軽減する効果に期待ができる。ちなみに、女性ホルモンに似たような働きをする「大豆イソフラボン」もおすすめだ。サプリや大豆から摂取できる。

食物繊維

食物繊維には2種類あることを知っているだろうか?フラックスシードには食物繊維が豊富に含まれているのだが、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方が含まれている。

簡単にいえば水に溶けやすい食物繊維と溶けにくい食物繊維なのだが、食物繊維は腸内環境をよくする働きがあり、腸内環境をよくするには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取する必要があるのだ。

2つの食物繊維をバランスよく摂取できるフラックスシードにより腸内環境をよくすることができるためダイエットに効果的だ。脱便秘には欠かせないのが食物繊維になる。

フラックスシードの食べ方

フラックスシードでダイエットができることがわかったのだが、どのようにして食べるとよいのだろうか?

食べ方は粉末にするかオイルにして摂取するとよい。

フラックスシードは亜麻仁のことだ。つまり「亜麻仁油」である。大さじ2杯程度をドレッシングとしてサラダにかけて食べると食べやすい。そして継続的に使用しやすい。

また、ゴマの替わりに振りかけることで抗酸化作用を上げやすく、スムージーに混ぜることでビタミンを摂ることも可能だ。ヨーグルトなどに混ぜることで乳酸菌効果を高めることにも期待できる。ただし気を付けなければいけない点があるのだ。

亜麻仁油は熱に弱い性質がある。加熱せずに食べるのがポイント

この他にもある。フラックスシードは不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を多量に含み、酸化しやすい食べ物になる。外気に触れた状態だと次第に酸化が進む。少しでも危険を避けるために開封後は密閉した入れ物に入れて冷蔵庫で冷やしておくことが望ましい。

メモ

・亜麻仁油は熱に弱い

・外気に触れると酸化しやすい

・冷蔵庫で保存する

NIPPN ローストアマニ(粒 業務タイプ) 500g

NIPPN ローストアマニ(粒 業務タイプ) 500g

1,480円(12/10 18:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 栄養の高い亜麻仁油で痩せるダイエット

フラックスシードには種類がある。オーストラリア産のソリン(リノーラ)という品種は、オメガ3脂肪酸の量が極端に少なくなるように品種改良された種類になるため注意が必要だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり