エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

亜麻仁のフラックスシード効果で痩せるダイエットの方法

シェアする

Flaxseed

フラックスシードを知っていますか?海外では広く知れ渡っているもので、ダイエットやコレステロールの低下、心疾患などのリスクが減少すると言われています。

スポンサード リンク

フラックスシードのダイエットとは

MP5フラックスシードってなにパラ?ダイエットにも健康にもいいって聞いたパラ。

MPHRK5麻というアマ科植物の種で、ミラクルフードと呼ばれる高い栄養成分が含まれている亜麻仁。亜麻仁はアメリカでフラックスシード(Flax seed)と呼ばれて、ダイエット効果のある食品として人気を集めているの。

身体の機能を維持する為に「オメガ3」「オメガ6」の2つの必須脂肪酸が必要なんだけど、これらは自らの体内で作り出すことができないわ。そこで食事から摂る必要があるけど、「フラックスシード」には、オメガ6が20%オメガ3が60%も含まれているの。

MPHRK4オメガ3脂肪酸は、血液の流れをサラサラにしてくれるためコレステロールを下げたり、糖尿病、関節炎、肥満などの予防、アレルギーを抑制といった健康効果の他、細胞のミトコンドリアを活性化させて脂肪の代謝を効率化する効果もあるためダイエットにも期待できるのよ!

そして乳癌・卵巣癌・前立腺癌のリスクを低下させてくれると言われている「リグナン」や便秘の予防にもつながる「食物繊維」、免疫力を高める「βカロテン」、老化を防ぐ「ビタミンE」なども含まれているわ!

リグナン

フラックスシードの中に含まれているリグナンは、癌リスクを下げる効果の他にも、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きを持つ成分があります。女性ホルモンは年齢を重ねると徐々に減少していき、同時に無気力感や不安感、そしてイライラなどの気分を暗くする感情が出やすくなります。

これらの関係で、冷え症や肩こりなど女性に多いトラブルが悪化することも考えられます。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするリグナンを摂取することによって、これらの症状を軽減する効果があるといわれているのです。

食物繊維

フラックスシードには、食物繊維が豊富に含まれていますが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維になります。食物繊維は腸内環境を良くする働きがありますが、腸内環境をよくするには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取する必要があるのです。

この2つの食物繊維を豊富にバランスよく摂取できるフラックスシードによって腸内環境を良くする効果が期待できるので、ダイエットに有効と言われています。

オメガ3・オメガ6がバランスよく含んでいる

MP9フラックスシードには、オメガ3とオメガ6がバランスよく豊富に含まれ、その他の栄養素により高いダイエット効果に期待できるパラ。食べ方として、粉末にするかオイルにして摂取するパラ。

MPHRK1フラックスシードオイルとは、亜麻仁油の事ね。ドレッシングとしてサラダにかけて食べると食べやすいの。亜麻仁油は熱に弱い性質があるから、加熱せずに食べるのがポイント。

そしてゴマの替わりに振りかけることで抗酸化作用を上げたり、バナナや野菜のスムージーに混ぜることでビタミンを摂ることも可能。ヨーグルトやバニラアイスに混ぜることで乳酸菌を高めることにも期待できるわ。

フラックスシードは不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を多量に含み、酸化しやすい食べ物になるから、外気に触れた状態だと次第に酸化が進んでしまうの。開封後は密閉した入れ物に入れて冷蔵庫で冷やしておきましょう。

MP2フラックスシードは世界中で栽培されているけど、数多くの品種があるパラ。オーストラリア産のソリン(リノーラ)という品種のフラックスシードは、3脂肪酸の量が極端に少なくなるように品種改良された種類で注意が必要パラ。