フィッシャー症候群とは?症状と治療法

スポンサード リンク

目がかすんだり見えなくなる怖い病気「フィッシャー症候群」。目は人間にとって重要な器官なので生涯トラブルなく過ごしたいものです。

もやパンダ
もやパンダ

身体がふらついたりするときは目の病気かもしれないパラ。

フィッシャー症候群の可能性があります。フィッシャー症候群は、外眼筋の異常が発生して高い確率で内眼筋麻痺が生じることで目が動かなくなったりするので、身体がふらついてしまう症状がでます。

フィッシャー症候群とは

フィッシャー症候群は、外眼筋の異常が発生して引き起こされる病気です。高い確率で内眼筋麻痺が生じてしまい、目が動かなくなったりします。

日本の場合、フィッシャー症候群の割合は26%と言われていますが、これはアメリカよりも多い数字。反射性の眼球運動と共に随意性の運動にも支障をきたすことになります。

ただ、他の眼筋麻痺や深部反射消失に比べると回復率が高いことでも知られています。

もやパンダ
もやパンダ

油断はできないパラ・・・。身体がフラフラしたら危ないパラ。

フィッシャー症候群の原因とは

フィッシャー症候群は、何が原因で発症するのでしょうか?フィッシャー症候群は細菌の一つであるカンピロバクターの感染によって引き起こされます。

蛋白細胞解離が髄液において認められるため、多くの場合は抗GQ1b抗体も血清中で高まります。

もやパンダ
もやパンダ

難しいパラ・・・。感染には気をつけるパラ。

フィッシャー症候群の治療法とは

要するに、ウイルスや細菌の感染には気を付ける必要があるということ。治療法の対応策として、軽度の症状では自然治癒が主になります。

症状によっては、免疫グロブリンの大量投与、血漿交換療法、副腎皮質ステロイド療法などで治療をしていくこともあります。

ちなみに、フィッシャー症候群に感染した患者は、慎乃介さん、池波志乃さん、高崎翔太さんと、芸能人にも多いです。

まとめ フラつき目に違和感を感じたら病院で診察を受ける

ふらつきは転倒につながる危険な動き。注意が必要です。

もやパンダ
もやパンダ

目に違和感を感じたら眼科医に助けを求めるパラ。初期症状ならはやく治るかもしれないパラ。