股関節腰痛を改善する足パカパカ体操のやり方

健康維持の方法
スポンサード リンク

腰痛を治すためにいろいろな方法を試したけれど良くならない。もしかしたら股関節腰痛かも知れない。

普段はほとんど意識しない股関節なのだが、この部分を上手に使えないと腰に大きな負担がかかり、腰痛につながることが分かっている。

つまり、逆に股関節の動きをよくすれば腰痛が改善することにつながる。その辛い腰痛を改善するやり方とは?

足パカパカ体操は、腰痛の痛みを和らげる効果がある体操だ。

足パカパカ体操で股関節腰痛の腰痛を改善!

脊椎間狭窄症、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、圧迫骨折、脊椎側彎症など、腰痛の原因は多くあげられる。最近注目されているのが、股関節の動きが悪くて腰痛を引き起こす原因だ。

股関節は上半身の重みを支える重要な役割がある。身体の中でも一番大きな関節となる。

股関節に負担がかかり続けると、大腿骨と骨盤の間にある関節軟骨が徐々にすり減り、その重みで分散できなくなるため痛みが発生するようになる。

股関節の動きが悪いのが原因の人は、股関節を柔らかくすることで腰痛を改善することができる。

猫背チェック

猫背チェック法で判断することが可能だ。股関節の力が弱まっていると猫背になってしまうため、猫背のチェックをすると股関節の弱まり具合が判断できるのだ。

猫背チェックのやり方

メモ

A
四つんばいになる

この時に、背中や肩が丸くなっている場合、頭が落ちる場合は股関節が弱くなっている可能性がある。

改善法

頭のつむじから尾骨までまっすぐに矯正しよう。両ひざの間はこぶし1つ分空け、肩が上がったり、首が下がったりしないように、背中をまっすぐにキープするのがポイントだ。

メモ

猫背になりやすい人

・あごが上がって見える

・肩こりや腰痛持ち

・ふくらはぎが張る

・O脚

・スマホ・携帯ゲームにハマりやすい

足パカパカ体操で腰痛改善

股関節を直接矯正して腰痛を治す方法もある。

メモ

足パカパカ体操のやり方

A
椅子に座わる

B
呼吸を止めないように足をパカパカ閉じて広げるだけ

背筋を真っ直ぐに伸ばしながら行う。10回1セットで5回繰り返す。

まとめ 簡単な体操で腰痛改善

足パカパカ体操は腹筋や背筋などの足の筋肉以外にも働きかけるため、ヒップやお腹周りのボディラインにも効果的だ。脚を開いて閉じてパカパカするだけ。簡単にできる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり