気になるキーワードを検索

健康維持の方法

健康な人の便を移植して病気を治す糞便移植療法とは

更新日:

腸の中には100兆個以上の腸内細菌が住んでいるのだが、この腸内細菌は私たちが病気にならないために日々、体内でウイルスなどの「敵」と戦っている。

そんな腸内には「腸内フローラ」と呼ばれるものがある。腸内フローラは身体の中に入ってきた悪い菌を攻撃し、健康に保つ必要なものなのだが、不健康な人の身体に健康な人の便を移植することで健康になることがわかっている。

他人の便を移植して病気を治す糞便移植療法とは

人の腸の中には様々な細菌が住んでいるのだが、味方である腸内細菌が弱まると下痢や腹痛、消化器の病気や免疫が低下することにつながる。

この他にも、最新の研究により腸内環境の乱れが糖尿病・肥満・メタボ、さらにはアレルギーなども引き起こしてしまう恐れがあることがわかった。

メモ

腸内環境の悪化で引き起こされる病状

・下痢

・腹痛

・消火器の病気

・免疫力の低下

・糖尿病

・肥満

・アレルギーの発症

など

腸内を正常化させることが重要だ。しかし人それぞれに腸内細菌の力にはバラつきがある。ウイルスに強い細菌を持つ人もいれば、ウイルスに弱い細菌を持つ人がいるのも実情だ。

なにかよい方法はないのだろうか?健康な人の腸のように不健康な人の腸を元気にする方法・・・。

そこで腸内環境を改善するために考えられたのが「便移植(糞便移植療法)」と呼ばれる方法だ。

「便移植」と聞くだけで一瞬フリーズする。人のフリーズなので数秒したら復帰をするのが、これがパソコンなら5日はフリーズしてしまうだろう。便を移植するのだ。強制シャットダウンをしてしまうほどの衝撃だ。

しかし、腸内細菌は健康を左右する非常に大切な菌となる。

便移植で腸内細菌の力を強くする

私たちの腸内には細菌が多く存在しているのだが、その細菌たちは腸の内側にびっしりと張り巡っている。その見た目がお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ぶ。


(出典:kintre.jp)

イメージ画像なのだが、これはお花畑なのだろうか?お花畑といえば三途の川でおばぁちゃんが「こっちにおいで~、お花が綺麗だよ~」このようなイメージだ。いや、そうとも言えない。真っ暗闇に三途の川を渡る一隻の船が静かに進むというイメージもある。

どちらにしてもフローラのイメージ画像は「美化」している感じが否めないのだが問題はそこじゃない。

腸内で活動する正義の細菌が少なくなると、外敵の攻撃から守ることが難しくなり、その結果、外敵の力が大きくなるため病気にかかりやすくなる。

腸は多くの病気を引き起こす要因になることが判明している。腸内細菌を強くしておくことが病気にかかるリスクを少なくするポイントだ。

病気にかかりにくい健康な人の身体には、健康な細菌がたくさん住み着いている。細菌も過ごしやすいのだろう。居心地がよい家にはずっと住み続けたくなるものだ。

糞便移植療法はそこに注目をした手法となる。

強くて健康な細菌を、便からドナー側に移植することで元気な細菌がドナー側で活発に動き出し、病気を倒してくれることに期待できる療法なのだが、ドナー側の腸内でうまく活動すると、腸内フローラの改善につながり、免疫力の高まりから病気になるリスクを抑えることが可能となる。

メモ

便移植で改善効果が期待できる病気

・便秘(特発性)

・炎症性腸疾患

・メタボ

・自閉症

・慢性疲労症候群

・糖尿病

・インスリン抵抗性

・過敏性腸症候群(IBS)

・線維筋痛症

・特発性血小板減少性紫斑病

・ミオクローヌス

・多発性硬化症

・ジストニア症候群

・パーキンソン病

強い腸内細菌を便から移植し強い腸内細菌を育てることで多くの難病を改善・完治できる効果に期待されている。

便移植のやり方・手術方法

では、どのようにして便を移植するのだろうか?そこが非常に気になるのだが、その方法も衝撃だった。やり方はいたってシンプル。とっても簡単だ。

他人の便(うんこ)を水で溶かす。そして、ドナーになる人物の肛門から直接大腸に注入するのだ。

簡単だ。驚くほど簡単だ。しかし想像すると少しキツイ部分もある。想像しなければよいのだ。

この治療法には最大のメリットがある。それは患者の身体にメスを入れなくてよいこと。大きな病気を治すためには身体にメスをいれることも少なくない。

病気治療のために身体へメスをいれると、痕が残ったり大量の麻酔により身体に大きな負担をかけることになる。

気持ちの決心さえできたのなら、傷あとも残らない便移植は、身体の負担がとっても小さい手術になるのだ。

糞便移植療法の注意点

ただ問題点もある。糞便移植療法には気を付ける注意点が存在する。

アメリカで便移植をした人がいるのだが治療は無事に成功した。しかし、3年後には20Kgも体重が増えてしまったのだ。

食べすぎたわけでもない。

便を提供した人が肥満体型だったらしく、ドナーの人はダイエットをしても体重を落とすことができなくなってしまった。

なんてことだ。肥満細菌まで移植してしまったようだ。

臓器移植を受けた患者が、移植元の人物に残る記憶や感覚が提供された臓器から伝わる、いまだ解明されない不思議な現象も実際に起きている。

便移植も似たような感じで、なんらかの肥満細菌、あるいは遺伝子的なものが患者側へ感染・遺伝したことが考えれる。便移植は実証例がまだ少ない。これから期待がされている治療法だ。

まとめ 便移植で病気を克服できるかも!未知の副作用もある?

便移植による副作用の症状事情を受け、マウスでも同じ環境で実験をしてみた。すると同じ結果が出たのだ。痩せていたマウスが太ったマウスから糞を移植したことで太ってしまった。

逆にいうと、痩せている人の便を移植することで太っている人が痩せるかもしれない。どちらにしても外国では普及している治療法なのだが、まだまだ未知な部分がある。

身体を守るために強い細菌を自分の中で育てるメカニズムがある。ウイルスに強い腸内細菌が増えれば万病も解決する可能性が高くなる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.