なぜ?ランニングで太る衝撃の理由

更新日:

アリゾナ州立大学の最新の研究によると、81人の肥満女性たちに、1日30分のランニングを週3回ずつ続けてもらった所、被験者の心肺機能がアップしたもののおよそ70%の女性は実験前より体脂肪が増えていたことが判明しました。運動して体重が増えるとはいったいどういうことなのでしょうか?

 

ランニングで体重が増える!?


ランニングをしてるのに太った気がするパラ。なんでパラ?

 


アリゾナ州立大学が行った被験者の中にはランニングをして約5Kgも体重が増加した人もいるみたい。運動して体重が増えると聞くと筋肉が増えたからだと想像できるけど、今回新たに判明したのは筋肉ではなく脂肪が増えたということ。エネルギーの消費量を増やすと脂肪が燃焼するはずなのになぜ逆の現象が起きてしまったの。次にその理由として挙げられるわ。

 

食事量の増加

研究者が言うには、「体重が増えた女性は、無意識のうちに食事の量が増え、逆に運動量を減らしてしまったのだろう」とのことです。

 

ダイエットをはじめて運動をしていると「運動しているから少し多く食べても大丈夫」と思ってしまう人も多くいます。体重が増加した人はエネルギー消費量よりも体内に取り入れる摂取量が多くなったためと考えられます。

 

運動することで食欲がわいてしまいます。食欲を亢進させるホルモンである活性型グレリンが、運動後の女性において男性よりも高くなることが判明しています。女性は男性よりも気を付ける必要がありそうです。

 

ただ、ランニングで痩せた人達は、最初の4週間でハッキリとした体重の減少が見られており、その後も体脂肪が減り続ける傾向が高かいことも判明していることから、ランニングの環境を間違えなければしっかりと痩せられるということですね。

 

研究者は結論として、「このデータから得られる教訓は、エクササイズで痩せようと思うなら、まず最初の1カ月は自分の体重の変化を記録し続けたほうがいいということだ。この期間に体重の減少が見られないか、または体重が増えているようであれば、あなたの食事や活動量には問題がある可能性が高い」と述べています。

 

省エネの身体

もう一つの理由として、人間は食べ物で取ったエネルギーの内、消費出来なかった分は脂肪という形で体内に保存します。人の身体は生命を維持しようと常に最善の働きを行っているのです。

 

脂肪とエネルギーも同じで、運動をしてたくさんエネルギー消費をするから身体に出来るだけエネルギーを貯めておかなければいけないと判断するのです。運動を始めると食べたものを通常よりも多く脂肪に蓄積する働きがあります。

 

この場合は、身体に“正常な状態”と判断させる必要があります。それは続けることです。ランニングを続けることにより安全な身体と判断します。

 

痩せるには身体と脳に正常な状態と認識させることが大切


極端なダイエットに対して、身体は思っているものとは真逆に作用しやすくなるの。継続することを大前提に食事生活に気を付け、適度なランニングを行い筋肉をほどよく付けて、脂肪を燃焼へ導くことが大切よ。

 


運動してお腹が空いて我慢するパラ。ここに本能を理性で止めるストレスが発生しているパラ。ストレスから暴飲暴食に繋がる恐れもあるパラ。身体に無理のかからない調整が必要パラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-痩せる運動

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.