エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

父が飢餓・肥満だと子どもが肥満になる!ホンマでっか!?

シェアする

妊娠中の母親は生まれた子どもに大きな影響を及ぼすことがよく知られているため、健康状態に気をつけています。例えば妊婦がお酒やタバコを停止する行為もこのような理由が挙げられます。しかし、父親の健康状態も無関係ではないことが判明しました。いったいどういうことなのでしょうか?

スポンサード リンク

父親が肥満だと子ども・孫も肥満へ

!moyapanda20

妊娠中のママンは子どもに影響するって聞いたパラ。パパンはどうパラ?

!haruka7

どうやら父親も子どもに大きな影響を与えているみたいなの。最新の研究によると、受胎時における父親の肥満度が、生まれてきた子どもの肥満に将来に渡って大きな影響を及ぼすことがわかったわ。この影響は子どもだけじゃなくて、孫にまで受け継がれるの。

!moyapanda11

そういえば、パパンが痩せていると子どもも痩せている気がするパラ。逆に太っているパパンだと子どもも太っている人が多い気がするパラ。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

研究を行ったのは、豪アデレード大学のトッド・フルストン博士で、太った男性の精液内には、肥満を子孫へと伝達する分子信号が存在することを突き止めました。肥満男性の子ども、さらには孫の代まで受け継がれ、男の子よりも女の子のほうがより肥満の影響を強く受けることも判明しました。

マサチューセッツ大学医学部の研究者オリヴァー・ランドの研究者はオスのマウスを使って、オスのマウスの精子に特別なリボ核酸(RNA)が含まれているのを発見。この特別な遺伝物質が、子どもの代謝に影響する証拠が増えています。特に、子どもは、父親の代謝の傾向と生理的状態を受け継ぐ可能性が高いとのこと。

実は肥満だけでなく糖尿病も受け継がれてしまうようです。博士によると、「受胎の時点で、肥満の父親に糖尿病の兆候が見られなくても子孫に遺伝する可能性がある」との見解を出しています。

つまり、肥満家族になりたくなければ、女性が妊娠する前に男性は痩せておくことが重要です。

また、博士は「たとえ肥満男性の子どもが食事や運動に気を使い、健康的な生活を送ったとしても、肥満になる可能性はあります」とコメントをしているため、遺伝の影響を回避するのは難しいようです。遺伝の影響で痩せない場合は、環境を変えてみると良いかもしれません。

飢餓状態で子が肥満へ

遺伝子が子供に残るには両親の遺伝子スイッチがON・OFFになることで左右されます。

父親が飢餓状態で生活をしていると、父親の持つ遺伝子スイッチが切りかわります。受精時に母親の遺伝子のスイッチのオンオフは影響しませんが、父親が飢餓状態という情報は残ってしまうことが研究により判明しました。

この飢餓状態である遺伝子が子供に受け継がれ、子供は食べたものを溜め込みやすい体質になり、肥満になりやすいと言われています。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

!moyapanda13

肥満を子孫へと遺伝させて肥満家族になりたくない場合は、太っている男性はパートナーの女性が妊娠する前にダイエットをして痩せておくパラ。でも飢餓には気をつけるパラ。

!haruka8

妊娠前・妊娠中・出産後、母親の健康は重視されているわ。でも受胎時には父親の健康状態も子どもへ大きな影響を及ぼすから健康な子どもを産むためには父親も頑張らなくちゃいけないの。