脂肪冷却ダイエット方法(氷結・冷凍)の効果と危険性

更新日:

脂肪冷却ダイエットはあまり聞きなれない言葉だと思います。ダイエットは通常、筋肉を鍛えて脂肪を燃焼して痩せますが、逆に脂肪を冷やして痩せる?いったいどういうことなのでしょうか?

 

脂肪冷却ダイエットとは


脂肪を破壊して痩せる方法があるの!革命!

 


ぬぉー!?聞いてるだけで怖いパラ。どんな風にやるパラー!?

 


このダイエットは、一度の施術で20%のサイズダウンを実感する人も多いみたい。現在、注目を浴びていて、新型マシンを使って痩せることを目的にしているダイエット法なの。既にアメリカでは20万人以上が施術を受けて、安全性と効果は実証済みとのこと。脂肪冷却ダイエットは機械を使い痩せる方法なの。詳しく見ていきましょう。

 

冷凍ダイエット

通称、冷凍ダイエットとも言われ、脂肪細胞のみを凍らせて減少させることができる痩身マシンを言います。

 

人体の60%〜70%は水で構成されていますが、脂肪細胞内はほぼ脂で満たされているので皮膚を冷やしていくと、血液や皮膚が凍るよりも早い段階で脂が結晶へと変化して脂肪細胞を破滅する仕組みです。脂肪細胞を凍らせて死滅させることで体重を落としていきます。

 

◎水分は0度以下になると凍っていきます

◎脂肪は4度で凍ります

 

この水分と脂肪の凍る温度差を利用して血液と皮膚が凍るよりも先に脂肪細胞を凍らせ破壊する仕組みです。この破壊された脂肪細胞は、アポトーシスというサイクルで体外に排出されます。

 

アポトーシス

細胞には一定の周期があり、力を失くした細胞は体外に排出されます。この細胞が自然死するサイクルをアポトーシスと言い、このサイクルには通常60日かかります。

 

機械で脂肪を破壊する冷却ダイエット


この冷却ダイエットは、ポイントを狙い冷却できるので部分痩せをすることが可能なの。現在は全身ではなく、お腹、ウエスト、背中、太股などの部分痩せを目的にしているわ。

 

冷却・冷凍ダイエット法のメリット

カウンセリング後、時間として1回60分程度ベッドに横になり行われます。脂肪細胞が減少するためリバンドの心配がなく、食事制限や運動をしなくても痩せることが可能。

 

脂肪吸引などの大掛かりな手術ではなく、メスを使わない「切らない」施術なので女性の方も安心です。効果は個人差がありますが、平均として皮下脂肪の厚さが5~8cm程度減少するとされています。

 

冷却・冷凍ダイエット法のデメリット

デメリットとして、脂肪冷却ダイエットは部分痩せを主とするので体重を全体的に落としたい人には向きません。効果が出るまで、60日(2ヶ月程)以上かかるので、今すぐ痩せたい人向きではありません。

 

楽して痩せることが出来るダイエットですが手の平程度の範囲で数万〜10万円以上とお金がかかるダイエットです。

 


基本的にダイエットは、食事と運動と生活習慣が大事。バランスの良い食事で身体を健康にして、運動で筋肉を付け基礎代謝量がアップし、痩せやすい身体になり、生活習慣で体内時計を正常化するのが最善になるわ。

 


部分痩せはダイエットでも難しいパラ。お金に余裕のある人は試してみてもいいかもしれないパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.