目の奥にカスが溜まるドルーゼンとは?症状と治療法

スポンサード リンク

目は人間の重要な組織です。現代社会での日常生活では、ほとんどの場面に目を使います。目の奥にカスが溜まることで発症する近年急増中の「第3の目の病」。

目の病といえば、「白内障」や「緑内障」が知られています。しかし、いま急増しているのはそれとは違う「第3の目の病」というもの。実はこの病は「目の奥にカスが溜まる」ことで発症してしまうのです。

もやパンダ
もやパンダ

目がゴロゴロするパラ。視野の一部が欠ける緑内障パラー!視界がまぶしく見える白内障パラー!

第3の目の病かもしれません。

目にカスが溜まる第3の目の病

目の奥にカスが溜まる恐怖の第3の目の病を見てみましょう。老化を進め、物が見づらくなる第3の目の病と呼ばれているもの。

九州大学の調査によると、1998年は37万人だったのに対して、9年後の2007年には69万人も患者数が激増しています。

症状

日本大学病院の森先生によると、新聞の字の大きな見出しは見えることもありますが、それよりも小さい文字は見づらくなるといいます。

この他にも人の顔の識別が困難になるため、相手が笑っているのか怒っているのか泣いているのかわからなくなります。

また、物体が歪んで見えることもあるため、日常生活に支障をきたしてしまいます。

目の奥に目のカスというものが溜まることがきっかけで発症する病気です。網膜は目から入ってきた映像を捉えて脳へ送る大切な役割がありますが、この網膜にカスが溜まってしまいます。

日々、新陳代謝を繰り返して新しい細胞にしている網膜ですが、通常使われなくなった網膜の細胞の一部は、目の奥で除去されます。

しかし、加齢によりその除去する力が劣ると、目の奥にはがれ落ちた細胞のカスが溜まってしまうのです。別名「ドルーゼン」とも呼ばれています。

ドルーゼンが溜まっていくと、網膜よりさらに目の奥にある新生血管が生えてきます。

その結果、新生血管が出血して網膜が膨れ上がり、視野の中心が歪んで見えてしまいます。加齢黄斑変性の発症です。

この病気はカスだけでは発症しません。新生血管が伸びてきて網膜が膨れて初めて症状が現れます。

また、紫外線のダメージが溜まり発症することも言われています。

もやパンダ
もやパンダ

パラ・・・。

加齢黄斑変性を予防と栄養素

人は通常、両目でものを見ているので、発症に気付くのが遅れてしまいがちです。普段から本棚などを片目で見て、歪んで見えないかチェックしましょう。紫外線はサングラスでカバーするとよいでしょう。

 

ビタミンC(1日100mg)
ピーマン・ブロッコリー・れんこん

ビタミンE(1日6mg)
アーモンド・かぼちゃ・アボカド

亜鉛(1日8mg)
かき・豚レバー

ルテイン(1日10mg)
ほうれん草・ケールなどの緑黄色野菜

 

ルテインは色素成分で、体内にも存在しています。眼球の網膜などに多く含まれているのです。

また、太陽光などを吸収する性質があることが分かっているため網膜を守り、紫外線対策にもなります。ルテインを1日10mg摂取するようにします。これはほうれん草の約2分の1束ほど。

まとめ サングラスで目を保護

もやパンダ
もやパンダ

ちょっと待つパラ!加齢が原因ってことはドルーゼンじゃないパラー!目にゴミが入っただけだったパラー!