白内障の原因・症状と予防する方法

スポンサード リンク

目は人間社会において非常に重要な器官です。しかし、目は老化します。白内障の原因と症状・対策とは?

もやパンダ
もやパンダ

目は大事パラ。いつまでも健康な目であって欲しいパラ。

目は現代の生活環境でとても重要な器官だから大切にしないといけません。しかし、目は老化をしてしまいます。できるだけ老化を遅らせる対策の方法を見ていきましょう。

目の老化対策 白内障の原因・症状とは

目のスペシャリストでもあるメディカルセンターの平松類先生によると、「目はむき出しの臓器」と言われていますが、これは光を取り入れて映像を見るからです。

夏にこのむき出しの目で紫外線を浴びてしまうと、白内障になる危険性が増えてしまいます

目の中にある水晶体は、紫外線を99%吸収してくれますが、その紫外線を吸収するが故に白内障を引き起こしてしまうのです。

水晶体は正常な状態だと透明ですが、紫外線などの光エネルギーでダメージを受けてしまい、それが蓄積されて白く濁ります

白内障は、50代の約5割、60代の約7割、70代以上では9割以上がかかる病気とも言われています。


(出典:asatoganka.or.jp)

もやパンダ
もやパンダ

白内障は全体的に白く見えるパラ。

目の白内障を防ぐ対策の方法

目の老化を防ぐポイントはルテインという成分が鍵を握ります。ルテインにより水晶体の夏の紫外線ダメージを減らし、白内障のリスクを下げることに期待出来ます。

ルテインはほうれん草に豊富に含まれています。ほうれん草のナムルという調理法により料理を作ることで、効率よくルテインを摂取することが可能です。

ルテインは脂溶性で、脂に溶けやすい性質があります。

そのため、油を使った料理の方が吸収しやすいです。ナムル以外にも、ほうれん草のバター炒めもおすすめです。

まとめ ほうれん草を食べる

もやパンダ
もやパンダ

ほうれん草はバターコーンで炒めると美味しくなるパラ。将来のために目の白内障をルテインで防ぐパラ。