痩せる食べ物

卵の黄身と白身でカロリーが高いのは?ダイエット効果はどっち

更新日:

卵はヒヨコが成長するために必要な栄養成分を全て持ち合わせている「完全栄養食」です。この完全栄養食のたまごは、昔から日本人に愛されてきた食材になります。

 

スポンサード リンク

たまごの黄身と白身でダイエットをする


たまごは栄養満点パラ。黄身と白身は違いがあるパラ?ダイエット的にはどっちがいいパラ?

 


たまごは非常に高い栄養素を持っていて、人間の身体に必要な栄養素を多く含んでいる優れた食品。人の体内では作ることができない必須アミノ酸を9種類も含んでいるの。

 


たまごはすごいパラ!

 


必須アミノ酸をバランスよく摂取して運動することで、基礎代謝が上がり脂肪燃焼をしやすい身体になるわ。卵には特にたんぱく質が多く含まれているけど、ダイエット中はたんぱく質が不足しがちになるから手軽に摂取できるメリットがあるの。

 

たまごの成分とカロリー

たまごのカロリーは、80〜120kcalあります。料理の種類により、このカロリーは大きく変わることになり、例えば以下があげられます。

 

◎ 白身(38g)
18kcal 

◎黄身(17g)
66kcal

◎ゆで卵
80kcal

◎スクランブルエッグ
120kcal

味付けにより更に高くなります

 

コレステロールを高くすると思われている卵ですが、実際はコレステロールを除去する成分が多く含まれています。卵の黄身は「コリン」を多く含んでおり、大豆の約3倍もあります。

 

コリンとは

コリンは、記憶・学習に深く関わる神経伝達物質で、学習能力の向上、アルツハイマー病や痴呆の予防などの効果が期待できます。またコリンは、「レシチン」と呼ばれるリン脂質にもなります。

 

レシチンは細胞膜を作る主成分です。細胞を若く保ったり、脳の働きを活発化する働きがあり、血管壁にコレステロールが沈着することを抑制したり、肝臓に脂肪が蓄積しないように作用して動脈硬化や肝硬変を防ぎます。

 

スポンサード リンク

食べ方と黄身と白身の栄養素の違い


たまごには黄身と白身部分に分けられるけど、栄養の違いもあるの。食べ方としては少し固めのゆで卵にして、一日2個程度食べるといいわ。固めのゆで卵にすることで腹持ちが良くなるの。

 

◎たんぱく質
卵黄 約15
卵白 約10

◎脂質
卵黄 約31
卵白 約0

 


カルシウムやリンは卵黄に多く含まれて、脂質は白身に入っていないの!ダイエット的には白身部分が太りにくくなるわ。そして、たまご料理の仕方によってはカロリーが高くなってしまうから注意が必要よ。

 


栄養は黄身と白身の両方にあるパラ。高い栄養があっても過剰にとるのは禁物パラ。適度に摂るようにするパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.