外食で太らないダイエットメニューのルール

ダイエット
スポンサード リンク

ダイエット中に外食をする機会が多い人は何を食べてよいのか躊躇してしまうことも多いのではないだろうか?カロリーを計算してなんとか太らないように調整をする。

外食には様々な種類があるのだが、どの料理を食べるとダイエット的によいのだろうか?また、外食をするときに気を付けることはあるのだろうか?

外食で太らない食べ方とは

外食で食べる料理は美味しい。当然である。その道のプロフェッショナルが長年の修行の元で生み出してきた苦労の味だからだ。口に合う料理は何度も行ってみたい。そう思わせるのが外食の楽しみの1つでもある。

しかし外食は一般的に「美味しい」を求めている料理だ。調味料に痩せやすいものを使っているとは限らない。

一般的においしい料理は、「油・脂質・塩味」などを多く使う傾向があり、味が濃くて美味しいため本来なら進んで食べたい料理になる。ほっぺたが落ちるほどおいしい料理ならなおさらだ。

しかしこれらの調味料が含まれる料理は、ダイエット中の人は気を付けたほうがよい料理になる。このワンフレーズを聞いたことがないだろうか?

「外食は太る」

その理由には「油」・「脂質」・「塩味」などの調味料が入っていることも要因の1つになる。加えて外食は高いお金を出すことになるのだが、お金を出すなら美味しいものが食べたいと思うのが人情である。これらの調味料が使われた料理を摂取しやすい。

外食は「太る誘惑」を誘っている。

良い油と悪い油を見極める

外食には油を使うことが多い。むしろ料理のほとんどに油は使う。油と聞くと「太る」イメージのトップクラスだ。

しかし油のすべてが太るわけではない。油には種類があるのだ。中には良質の油があり、この油は痩せる効果につなげることができる。例えば魚に含まれる油はとても良い油になる。良い油と悪い油を見極めることが重要だ。

悪玉コレステロール・気を付けたい油

血液を固めて動脈硬化などを引き起こす原因とされる悪玉コレステロール。運動せずに悪玉コレステロールを摂取し続けると脳梗塞などを発症する恐れがあり、ある日、突然死を招く可能性がある。

どのような食材に含まれてるのだろうか?

メモ

・牛肉

・豚肉

・マーガリン

・ひまわり油

善玉コレステロール・良質の油

油には善玉コレステロール(DHA・EPA)と呼ばれる中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす役割の油がある。これは質の良い油になる。では、どの食材に含まれているのだろうか?

魚だ。

とくに青魚にはDHAとEPAが豊富に含まれており、美容効果にも期待ができる。

メモ

・青魚

・アーモンド

・クルミ

・オリーブオイル油

・ゴマ油

・シソ油

・キャノーラ油

・ダイズ油

など

油を使用した料理を選ぶ場合には、植物性油に注目をするとよい。お店のメニューをしっかり見て、善玉コレステロールが入っている料理を選ぶとよいのだ。

また、お店の料理メニューにはカロリーが記載してあるお店がある。食べたい料理のカロリー量が分かるためダイエットに役立てることができる。

外食はゆっくりと食べること

美味しい料理を目の前にすると唾液が分泌することで食欲が増幅される。そのときにお腹が空いている状態で一気に食べてしまうと血糖値が急上昇をしてしまう恐れがある。

インスリンが分泌される関係から脂肪がつきやすい身体になるのだ。

血糖値を急上昇させない対策はゆっくりと食べること。早食いをせずにゆっくりと味わって食べるとよい。また、お米やパンなどの炭水化物はおかわりをしないように気を付ける。

ダイエット中の夜に外食をする場合は、目安として500kcal以下になるように料理を選ぶとよい。

メモ

・血糖値の急上昇を防ぐ

・ゆっくりと食べる

・野菜から食べる

・夜食の外食は500Kcal以下に抑える

・炭水化物のおかわりはしない

まとめ 外食はカロリーと質の良い油がポイント

腹八分目という言葉があるのだが、ダイエット中は腹六分目にとどめておくとよい。外食は基本的に太りやすい食材で作られている。その理由は美味しく感じさせるためだ。

しかしダイエット中の人にとっては罠になる。太りにくい料理選びが重要になる。また、それらの料理を選ぶことで罪悪感も抑えられるはずだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり