痩せる食べ物

外食で太らない方法と料理メニューの選び方

更新日:

付き合いや料理の手間を考えて外食を選択する人もいるかと思います。外食にも様々な種類がありますが、どの料理をよく食べますか?ダイエット中の外食はどのような事に気をつけなければいけないのでしょうか?

 

スポンサード リンク

外食で太らないように気を付けること


ダイエット中の外食は気が引けるパラ。注意することはあるパラ?

 


一般的においしい料理は、「油」・「脂質」・「塩味」などを多く使う傾向があるわ。味が濃くて美味しいため本来なら進んで食べたい料理。でも、これはダイエットをしている人にとって避けた方がいい料理になるの。「外食は太る」と言われる一因がこの調味料にあるわ。ただし、油がすべてダメと言う訳ではないの。

 

良い油と悪い油がある


ぬぉ?いい油があるパラ?

 


油にも種類があるの。良い油と悪い油があるからチェックしましょう!

 

悪玉コレステロール

血液を固めて動脈硬化などを引き起こす原因とされるコレステロールで、運動せずに悪玉コレステロールを摂取し続けると脳梗塞などが発症する恐れがあり危険です。

 

牛肉や豚肉、マーガリンやひまわり油などに含まれます。

 

善玉コレステロール

油には善玉コレステロール(DHA・EPA)と言う、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす役割の油があります。

 

に多く含まれ、「魚に今日は油がたくさんのっている」とよく言われますが、この場合身体にたくさん良い油が入っていると言うことになります。魚以外にアーモンドやクルミなどにも含まれています。

 


お店のメニューをしっかり見て、善玉コレステロールが入っている料理を選ぶようにしましょう。お店によっては料理メニューにカロリーが記載してある場所もあるわ。チェックすることを習慣付けると、この料理には大体何キロカロリーあるのか把握できるようになるの。

 

スポンサード リンク

外食は特にゆっくりと食べる


外食は油や調味料がたくさん使われているわ。お腹が空いている状態で一気に食べてしまうと血糖値が急上昇してしまうの。太る原因になるから、お米やパンなどの炭水化物もおかわりをせずに、出された量をゆっくり食べるように心がけましょう。ゆっくり食べることで血糖値の急上昇を防ぐことができるの。ダイエット中の夜に外食をする場合は、目安として500kcal以下になるように料理を選ぶのがポイント。

 


お腹いっぱい食べると満腹中枢がいつもの「満足」を分からなくなるパラ。お腹がいっぱいになりにくくなるパラ。過剰に食べてしまうパラ。ダイエット中は腹六分目を心がけるパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.