味覚障害は肥満と糖尿病になるリスクがある理由

健康維持の方法
スポンサード リンク

味が分からないと肥満になるかもしれない。意外と肥満者に多く見られる味覚障害。味覚障害者は、味覚障害である事を自覚していない場合が多い。

肥満や糖尿病の人は、「おいしい」と言う味覚を、油や糖分が多ければ多いほど感じる傾向が多くあるようだ。味覚障害は、味が薄く感じる、または味自体がわからない症状を言う。

味覚障害とは

例えば、風邪を引いたときに味がわからなくなるのと一緒で、一度は経験した人もいるかもしれない。通常は風邪が治れば味覚も回復する。

味覚障害

人の舌には、味蕾(みらい)という組織があり、第5大味覚の「甘味・旨味・酸味・苦味・塩味」、そして最新の研究で新たに発見された第6の味覚である「脂味」などの味を脳へ伝達している。

この「脂味」は、ワシントン大学医学部の研究チームが、口の中に「CD36」という脂に反応する遺伝子を発見した。

CD36が少ない人は脂の味覚が失われているため、脂の多く入った物を食べすぎて肥満になりやすいと指摘されているのだ。

味覚障害は味蕾機能が低下するため、味が脳へ伝わらなくなる。味がわからなくなると気づかない内に濃味を好むようになり、油や糖質などを摂取し、肥満になり、血糖値も上昇するため、糖尿病や脳梗塞などの病気にもなる危険がある。

味が分からないと抑えが効かなくなる

目の前にチョコレートが山のようにある。このチョコレートを好きなだけ食べてもらう。しかし、ある時を境に食べるスピードが落ちていく。

この症状の一つは満腹感もあるのだが、もう一つの理由は飽き。

同じ味を食べ続けると飽きがくる。この飽きがくることは正常なことだ。途中で食欲が落ちるのは飽きがきたから。

一方、味覚障害があると飽きがくることなく永遠に食べつづけてしまう可能性が高くなる。

油で揚げた物も同様で、揚げ物ばかりを食べていると飽きがきて気持ち悪くなってくると思うのだが、味覚障害があると味が分からないため、揚げ物を永遠に食べ続けてしまうのだ。

味覚障害の改善方法

ダイエットにも健康にも悪くなる。なにか対策はないのだろうか?

味覚障害を防ぎ改善するために、カキや大豆などに含まれる亜鉛を摂取するようにする。この他にも、抹茶・のり・ひじき・きなこ・味噌・アーモンドなども効果的だ。

まとめ 亜鉛をたべる

バランスよく食べることがダイエットの成功につながる。食材の本当の「おいしい」味覚につながるのだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり