DIY 健康診断とは?自宅で簡単にできるやり方

スポンサード リンク

お医者さんから診断されたものが本当に正しいのか、自分自身でもよく知る必要があります。

お医者さんも人間なのでそれぞれ個性があるため、残念ながら中にはいい加減な診断をしてしまう人もいるのです。正しい病症と判断をしてくれるお医者さんを選ぶためには、担当医との信頼関係がとても重要と言えます。

もやパンダ
もやパンダ

DIY 健康診断ってなにパラ。どんな意味があるパラ?

DIYは「Do It Yourself」を意味しています。

DIY 健康診断とは

DIY 健康診断とは、要するに「健康診断をあなた自身が自分でやりなさい」ということです。セルフで自己診断をする意味です。

では、なにをしたらよいのでしょうか?

自分でできるDIY健康診断をチェックしてみましょう。

スプーンで口臭を確認!

 

1・・・
スプーンで舌の上をできるだけ奥のほうまでこする

2・・・
ラップなどでスプーンにフタをして、明るいライトの下で1分間待ち、においを嗅ぐ

 

舌の上には多くの「舌苔(ぜったい)」があります。

舌苔とは、舌の表面にある突起の隙間に付着した食べカスや、口内の粘膜細胞などに細菌が繁殖して白っぽくなったものです。

口臭は言葉を話す人間にとって抑えたい部分。もしも変わった匂いや濃ゆすぎる場合は注意が必要になります。

 

フルーティーなにおいは「ケトアシドーシス」の疑いがあり糖尿病の可能性があります

アンモニア臭は腎臓病

その他の異臭は胃や肺の病気

 

もやパンダ
もやパンダ

口臭で病気がわかるパラ。

絵をかいて認知症チェック!

 

1・・・
紙を1枚用意し、紙の大きさに合うように丸時計を描きます

2・・・
数字も全て記入しますが、時計の針は3時40分にしてください

 

これは時計描画試験とも呼ばれていて、病院の検査で実際に行われているものです。

丸がうまく描けない、数字の順番や配置が間違っている、1〜12までの数字全てが書かれていない、時刻の針が間違っているなど、なにかしらおかしな部分があると認知症やその前段階である「軽度認識障害(MIC)」の可能性があると言われています。

もやパンダ
もやパンダ

チェックするパラ。

胃酸とゲップで確認!

 

1・・・
ティースプーン1杯の重炭酸ソーダ(重曹)を小さめのコップ1杯の水に溶かします

2・・・
空腹のときに一気に飲みましょう

 

重炭酸ソーダと胃酸が反応することで二酸化炭素が発生してゲップが起きますが、5分以内に大きなゲップが出た場合は健康的な胃酸の状態です。

もしもゲップが出なかったり、勢いのないゲップの場合は胃酸が減少している可能性があります。

胃酸の減少は40代以降で多く見られて、食べた物をうまく消化しずらくなるため、便秘になったり消化不良を起こしやすくなります。

また、減少した胃酸を補うために逆に胃酸が多く分泌されることもあるので胸やけを起こしやすくなります。

もやパンダ
もやパンダ

ゲップがでるか確認するパラ。

視力と黄斑変性症の関係

 

1・・・
左右の目で片方ずつ約30秒、ドアや窓のフレームを眺めます

上下左右の窓フレームのフチは平行です。しかしこれが曲がって見えたりねじれて見えたり、一部が欠落して見えたりする場合は、「黄斑変性症」の可能性があります。

黄斑変性症は視力が低下する病気で、目の中に蓄積した老廃物などが原因で、加齢とともに増えると言われています。

そこにある「正常」な物が歪んで見えてしまうため、交通事故などの多くの危険が襲うリスクが高まります。

もやパンダ
もやパンダ

歪んでいないか確認パラ。

慢性閉塞性肺疾患、マッチで肺をチェック!

 

1・・・
マッチとボールペンを用意して、マッチに火を点けます

2・・・
マッチの軸にまで火を燃え移るようにしましょう

3・・・
ボールペンの長さが約15センチなので参考にしながら、マッチを口から15cm離れた位置に持っていきます

4・・・
息を吐くときに、口をすぼめないように注意しながら、口を大きく開けた状態で「ハッ!」っと息を吹きかけ、マッチの火を消してみましょう

 

マッチの火を吹き消せない場合は、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の可能性があります。

もやパンダ
もやパンダ

肺が正常かチェックするパラ。

1分間、心疾患をチェック!

 

1・・・
ベッドやソファーに横になり、両足を45度持ち上げて、1分間その姿勢を保持

2・・・
ベッドやソファーのフチに両足をかけ、直角にだらっと垂らします

 

持ち上げている足が青白くなる場合、そして足をベッドのフチに垂らしたときに真っ赤になる場合。この状態は、「動脈閉塞症」の可能性があります。

手足などの細かい場所に血液がうまく循環していない可能性があり、心疾患や脳梗塞などに繋がるリスクも高まります。

血液の流れが悪くなると、しびれや痛みが起こったり、悪化すると潰瘍や壊死したりすることもある怖い病気です。

まとめ 病気は早期発見が重要

お医者さんに行くのはなぜ?ほとんどの人が病気にかかってからだと思います。それでは遅いことがたくさんあります。

もやパンダ
もやパンダ

定期健診やDIY健康診断で早期に異常を発見することが大切パラ。心から任せたい担当医を見つけることも大切パラ。