エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をダイエットで使い分ける理由

シェアする

Dietary-fiber

ダイエットをしているとよく耳にする食物繊維。食物繊維はダイエット効果のある便秘の他、生活習慣病予防に効果があるため、美容面でも注目を集めている栄養素です。

スポンサード リンク

2種類の食物繊維を見極めてダイエット

@MP2食物繊維が身体にいいらしくて、便秘も改善するらしいパラ!でも食物繊維には2つあるみたい・・・・どういうことパラ?

@MPHRK5食物繊維は、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類に分けることができるわ。名前の通り、水に溶ける食物繊維と水に溶けない食物繊維だけど、ダイエットに効率よく作用する食物繊維はどちらだと思う?見て行きましょう。

不溶性食物繊維

甘栗・枝豆・インゲン豆・大豆・にらなどに豊富に含まれているセルロース・キトサン・キチンなどがあります。不溶性食物繊維は水に溶けることがありません。このため体内に摂りこんでも消化されることがないためそのまま体外へ排出されます。身体にとって有害な物質を排泄するデトックス効果あり!

ポイントとして、不溶性食物繊維は水に溶けませんが保水性が高いことがあげられます。体内に入ると水分を吸収して数十倍に膨らみます。このことにより満腹感を得ることが出来、過剰な食べすぎを回避することが出来ます。

また、大きく膨らむことで便の量が多くなります。腸を刺激するため、腸のぜん動運動を活発化させ便秘改善に繋げることも可能です。さらに不溶性食物繊維が多く含まれる食材はよく噛むことが必要になるものが多いので噛むことで満腹中枢を刺激する事が出来ます。便通効果が期待出来ますが、摂り過ぎると硬くなるので水を摂取することが大切です。

水溶性食物繊維

にんにく・切干だいこん・きな粉・アボカド・ゴボウ・納豆などに豊富に含まれているペクチン・アルギン酸・グルコマンナンなどがあります。水溶性食物繊維は、水に溶けるとゲル状になる性質があります。このため胃の中に入ると他の食べ物を包み込むことが出来ます。食べ物を包み込むと食べ物が胃や腸を移動するのがゆっくりになりますが、これは消化・吸収を緩やかにして急激な血糖値上昇を防ぐことができ、脂肪の吸収や糖尿病を抑制する効果があります。

さらに腸の中には善玉菌と悪玉菌がいますが、悪玉菌が多くなると腸の動きが悪くなったり、ガスや便秘などの原因にもなります。水溶性食物繊維は腸の中にいる善玉菌の食べ物になるため、結果として善玉菌が増えていくので腸内環境が正常化されます。これにより便秘の改善はもちろん、肌荒れが解消されたり多くの病気を防ぐことに期待できます。

食物繊維はどっちもダイエットに効果的!

@MPHRK1水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、どちらもダイエットに取って重要な食物繊維ということがわかるわね。

◎水溶性食物繊維・・・血糖値を抑え、腸を綺麗にする。
◎不溶性食物繊維・・・食べ物を膨らまし、満腹感を与え暴飲暴食を抑える。

@MPHRK4食物繊維は消化酵素の影響を受けず、消化も吸収もされずに大腸まで到達する特性があって、コレステロールや中性脂肪、糖質などを包み込み身体が吸収するのを妨げる効果に期待できるわ!

この食物繊維の特性を活かして食事前に食べることでご飯やお肉など、その後に食べる栄養分を包み込み吸収されないように働くの!

さらに食物繊維を最初に食べると血糖値の上昇が緩やかになるため、インスリンの分泌も抑えられて脂肪の蓄積が促されることを抑えることが可能よ!

@MP9効率よくダイエットをするには、2種類の食物繊維をうまく使い分けることが重要になるパラ。その時の状況で食材を変えたり、日によって変えたりするなどして上手に食物繊維を利用するパラ。