ダイエットに失敗する人の共通点とは

更新日:

ダイエットをして肌が荒れてしまった!疲れやすい!モテなくなった!イライラしてしまう!ダイエットをしたからと言って必ず良い方向へ成功する訳ではありません。では具体的にどういうことなのでしょう?

 

ダイエットの失敗とは


ぬぉ、また体重が増えてるパラ。ダイエット失敗したパラ。なにがいけなかったパラ。

 


ダイエットを始めるのはいいものの、成功する人は多くないわ。ほとんどの人が挫折などをして失敗してしまうの。ではその失敗例を見てみましょう。

 

肌が荒れてしまった

食事制限をすると、偏った物しか食べなくなる傾向にあります。必要な栄養を摂取することが滞ってしまうため、肌に潤いが保てず荒れてしまうことに。

 

疲れやすい

無理な食事制限や痩せないといけないという強い信念に囚われるストレスで、心身ともにフラフラな状態へ。

 

体力が落ちると動きたくなくなり、外に出るのも面倒くさくなるため引きこもりがちになってしまいます。すると、身体を動かさないのでさらに疲れやすい身体へ。

 

モテなくなった

「モデルさんみたいに私も細くなりたい」誰もが思うことです。しかし、人にはそれぞれ適正の体重があります。

 

脂肪がまったくなくなり、ガリガリの状態だと不健康に見えてしまうため、モテなくなる傾向があります。

 

生物の遺伝子には「子孫を残す」という基本的な遺伝子が組み込まれているので、健康に見える身体こそモテると言えます。身長と体重を見比べ体脂肪を出し、自分に合った身体にすることが大切です。

 

イライラしてしまう

「痩せるために頑張りました。ダイエット中は死ぬほど辛かったです」急な体重の変化によりホルモンバランスが乱れ、生理も不調になりイライラすることが多くなってしまいます。

 

無理をするダイエットをしては逆効果になることも。健康的に痩せるよう心がけ、自分に合ったダイエットをすることが大切です。

 

偏食している

炭水化物や糖分を抜くダイエットは、生命維持に必要なエネルギーを作ることが出来ず、貧血になったり、フラフラしてしまうこともあります。

 

筋肉量も減るため、代謝が落ち痩せにくい体質となるどころか、体温も落ちるので免疫力低下に伴い、様々な病気を引き起こす原因も考えられ注意が必要です。

 

極端な食事制限

短期間で痩せる「プチ断食」には、当たりませんが、基本的に極端な食事制限はリバウンドとなる可能性があります。食材を取り入れないことで栄養不足になり、血行不良などを招き肌荒れの原因にも。

 

極端な食事制限で栄養不足になると「飢餓状態」と身体は判断します。次にいつ栄養が摂取できるか分からないため、ご飯を食べるといつもと同じ量でもより多く身体に溜め込もうとします。

 

このため太りやすい体質へ。出来る限り空腹時間を作らないように、1日3食の量を少し減らすなどして工夫をしてみましょう。

 

便秘

便秘だと、摂取したものが吸収されにくい状態となるため、その分を脂肪として蓄積されます。食物繊維や水分をしっかり摂り、便通をよくしましょう。

 

また、運動、特に腹筋を使う運動をすることで内蔵が刺激され内臓脂肪を燃焼することが出来ます。内蔵が活発に動くと便通も良くなるため試してみましょう。

 

不規則

睡眠不足は代謝不良や血行不足などを引き起こします。ストレスに関しては筋肉が硬直するため血行不良が起き肩こりなどの「コリ」が発生します。森林浴や公園を散歩するなどして、ストレスを少しでも低減しましょう。

 

ダイエットの失敗の理由から克服することが大切


ダイエットに失敗してしまったのなら、その失敗を繰り返さないために克服していくことが大切になるわ。そうすることでダイエットの成功に近づけるの。ダイエットは無理せず継続することが成功の鍵。もう一度ダイエットの知識を見直して自分に最適なダイエット法を見つけることが重要になるわ。

 


食事制限や運動などのダイエットで早く体重を減らしたいから高すぎる目標を立てると続きにくいパラ。自分に合う方法なら楽しくダイエットができるパラ。数あるダイエット法から継続出来るダイエットを探し出すことが痩せるためには重要パラ。

 

ダイエットに成功した人の共通点とは

ダイエットを成功した人・失敗した人、ダイエットを始めると最終的にはこの2つのどちらかになります。ダイエットに成功した人の共通点とはいったい?   ダイエットの成功者はなにをしてるの? 隣の奥 ...

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.