認知症予防に効果的な4つの食材とは

スポンサード リンク

自分自身はもちろん、周りの人のためにも認知症はできるだけ回避したい病気の一つです。近年の研究で、認知症を予防できる可能性のある食材が4つも判明しました。

その食材とは?世界も注目する認知症の予防効果が示唆された食べ物を見てみましょう。

もやパンダ
もやパンダ

認知症は大変な病気パラ。できるだけ発症を抑えたいパラ。

某番組では、4つの食材をしっかり摂ることで認知症を予防していると考えられる健康賢者のおばあちゃんに密着しました。その記憶力は御年85歳にして、メモなどを一切見ずに1週間のスケジュールを言えるほど。

85歳くらいになると物忘れなのか認知症なのか、「忘れもの」が目立ってくる年齢です。1週間以上も記憶が続くのはすごいこと。

認知症予防に期待する4つの食材

認知機能の維持に役立っている食べ物とはいったい何なのか、見てみましょう。

85歳でも記憶力が高い認知症予防の食材

福岡県の久山町では日本人全体のモデルケースとして様々な疫学調査が行われてきました。

そこで75歳以上を15年間、約1000人の食事内容を追跡調査した結果、認知症予防につながる4つの食材があることが判明しました。

大豆・大豆製品

大豆に豊富に含まれるイソフラボンが認知症に効果があるというデータがあります。

このイソフラボンを介して、認知症予防になっている可能性があります。大豆を食べることで認知症の原因とされるタンパク質の蓄積を抑制する作用に期待できます。

牛乳および乳製品

乳製品には脳の神経細胞を保護したり、成長を促す作用がある可能性があります。実は、認知症予防に乳製品が良いという研究結果が存在しています。

野菜全般

多くの研究により報告されている野菜全般が認知症予防に効果がある可能性があります。

海藻類

ミネラル分等が認知症予防に効果がある可能性があります。ミネラルが動脈硬化を予防してくれるため、脳卒中が原因の認知症を防ぐ効果に期待できます。

もやパンダ
もやパンダ

頭にいい食材パラ。

家計簿をつける

85歳でも脳が衰えていないおばぁちゃんは家計簿を毎日つけていました。1日のことを思い出し、計算することで文字を書くなどの認知機能がアップしていたのです。

また、そろばんを使うことで指先を使いながら計算するため脳が活性化していたと考えられます。

まとめ 大豆・乳製品・野菜・海藻類で認知症予防

もやパンダ
もやパンダ

久山町研究で認知症予防に期待できる食材は「大豆・乳製品・野菜・海藻類」パラ。バランスよく摂り入れて認知症を予防するパラ。指先も使って脳を活性化させるパラ。