気になるキーワードを検索

健康維持の方法

認知症予防に効果的なアロマの種類と選び方

更新日:

記憶力や思考力が低下する認知症。現在、患者数は推定520万人ほどいると言われている。

60歳以上の約4人に1人が認知症とその予備軍であり、40代や50代でも発症する若年性認知症が多くなっているため、油断できない病気だ。

日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生は、「アロマで予防!認知症」という本を執筆しており、ベストセラーになっている。そんな浦上克哉先生が勧める認知症予防とはいったいどのようなものなのだろうか?

認知症は誰にでも起きる可能性がある。

認知症予防に簡単で効果的なものはアロマ

認知症のリスクを減らすことはできる。それは、ローズマリーの香りを嗅ぐこと

認知症は脳の神経細胞に障害が起きて発生している。記憶をつかさどる海馬という部分が障害されることで発症。この海馬は、においを感知する神経と密接に連携しているのだ。

つまり、嗅覚を刺激すると海馬も活性化し、認知症予防につなげることができるということ。

では、なぜローズマリーなのか?

研究でいろいろな臭いを試しましたが、効果が最も発揮したのがローズマリーだった。

認知症に効果的なローズマリーの選び方

ローズマリーの香りには複数の種類がある。認知症予防に効果的なのは、「ローズマリーカンファー」という種類だ。

実は、昼と夜で別の香りを嗅ぐとより効果が高まる。例えば、昼にローズマリーカンファーの香りを嗅いで、夜はラベンダーの香りを嗅ぐとよい。

ラベンダーの中にも種類がある。その中で最も効果的なのは「真正ラベンダー」という種類だ。朝と夜、それぞれ1日2時間嗅ぐと効果的だ。

ティッシュや脱脂綿に数滴垂らして側に置いておくとよい。お部屋用のアロマ機器を使うともっと効果的だ。

注意点として、持病がある人や薬を服用している人はお医者さんに相談しよう。

認知症の初期症状、臭いがわからなくなる

認知症の初期症状はわかるのだろうか?

物忘れが激しくなると言われているのだが、それよりも速い段階で異変が起きる。それは臭いがわからなくなること。

一番最初にわからなくなる臭いは「くさい嫌な臭い」だ。料理をしていて焦げたとしても気づかないことが多い。

まとめ においの異変を見逃さない

認知症予防としては逆手を使うとよい。右手が利き手の人は左手で歯ブラシをしてみる。そして、羊のお肉を食べるとよい。

羊のお肉には牛肉の3倍、豚肉の9倍の認知症予防に効くカルニチンが含まれているためだ。身体の異変を見逃さないようにしよう。認知症予防のために効果的なアロマを嗅ぐとよい。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.