作り置きカレーが食中毒になる!ウェルシュ菌を防ぐ方法

健康維持の方法
スポンサード リンク

誰でも大好きなカレーは、味はもちろんのこと作り置きもできるため多くの人に受け入れられている料理だ。

しかし、一晩置いたカレーも食べる前に火にかけるから大丈夫・・・だと思っていたら大変なことになるかもしれない。

日持ちがよいカレーなのだが、2日目以降のカレーには注意が必要だ。ウェルシュ菌と呼ばれる菌に気を付ける必要がある。見ていこう。

作り置きカレーは食中毒のリスクがある

カレーは日持ちができる食べ物で、一人暮らしや大家族には特に便利だ。日持ちはするものの、そのまま食べる人はあまりいない。

食べる前に1度火を通す人がほとんどではないだろうか?

火を通す理由は、冷たいカレーを暖かくするため。そして、菌を死滅させるため。しかし、火を通しても死なない厄介な菌がいる。

火を通しても死なないウェルシュ菌の恐怖

2017年に都内の幼稚園で作り置きをしていたカレー。このカレーは2日目を迎えていた。この時は、まさかあのようなことになるなんて誰も予想だにしていなかったのだ。

園児たちは大好きなカレーが食べられると喜んでいた。そして、カレーを食べたのだが数時間後に吐き気を訴える園児が続出。その数70名以上に上る。

集団食中毒だ。

菌は火に弱い性質を持っている。安全のために火を通したのにいったいなぜ?実は、火に強い菌、「ウェルシュ菌」が原因だ。

ウェルシュ菌とは、食中毒を引き起こす細菌として知られているのだが、ウェルシュ菌は100℃の熱湯で数分間加熱すると死んでしまう。

しかし、中には100℃で熱しても死なないものがいるのだ。生き延びるものは生命の危険を感じて「芽胞」と呼ばれる形態に変身する。

芽胞に変化すると100℃の熱もへっちゃらになり、熱に耐えることができる。6時間ほど100℃で加熱しても死ぬことはない。また、増殖する温度は40℃~50℃程度と言われている。

ウェルシュ菌の潜伏期間

ウェルシュ菌が原因で発生する食中毒は、6時間~18時間の潜伏期間があると言われる。そして、ウェルシュ菌が腸に到着すると増殖を開始する。

この時に、「エンテロトキシン」と呼ばれる毒素を生成。

エンテロトキシンの毒により、腹痛や下痢などの症状が出始める。期間は2日ほどで治まりまるのだが、子供や身体の弱い人、高齢者は重症化するケースもあるため注意が必要だ。

メモ

ウェルシュ菌の能力

・100℃でも死なない

・増殖の適温は50℃程度

・エンテロトキシンの毒を作る

ウェルシュ菌は人の体内にいる菌なのだが、この菌の中には熱に強く毒素を出すタイプがある。作り置きカレーの中でこの菌が増殖をすると食中毒につながってしまうのだ。

ウェルシュ菌の増殖を防ぐ方法

美味しいカレーを安全に食べるには、ウェルシュ菌の増殖を防ぐことが大切だ。では、どのようにしたら防ぐことができるのだろうか?

それは、カレーを保存するときに急速に冷やすこと

ウェルシュ菌は40℃~50℃程度の間で最も増殖をするため、この間の温度を可能な限り少なくすると良い。

例えば、カレーのあまりを小分けにして冷蔵する。小分けしないと冷えるまでに菌が増殖する可能性がある。そして、使う分だけを零下から一気に100℃近くまであげるため、増殖範囲の温度を少なくできる。

また、小分けにすることで食べるだけの量を制限できるためダイエットにも効果的だ。

まとめ 作り置きカレーは常温で保存しない!即冷却・即加熱

常温では保存せずに、菌が増殖しにくい10℃以下55℃以上の状態をなるべく作るようにするとよい。カレーだけではない。シチューなど作り置き料理には気を付ける必要がある。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり