咳を止める飲み物「コーヒーはちみつ」の即効性効果が凄い!

スポンサード リンク

辛く止まらない咳、なんとか止めたい場合には咳止めなどの薬を使用しますが、ある2つの食品を使うことで驚きの咳止め効果をえることができます。咳を止める飲み物とは?

もやパンダ
もやパンダ

咳が止まらない人は辛そうパラ・・・。恐ろしい咳パラ・・・。

風邪は治っているのになかなか咳が止まらない場合、それが3週間以上続く症状は「急性咳嗽(がいそう)」、8週間以上続く症状は「慢性咳嗽」と呼ばれています。

咳が出る原因は、喉の粘膜が刺激を受けているためです。その刺激を解消するために、その反射で咳が出てしまいます。

止まらない咳を止めるコーヒーとハチミツの凄い効果とは

咳が出る原因は、埃やウイルスなどが体内に入ると身体の外に排除する防衛反応の一つでもあります。

1回の咳をすると2kcalのエネルギーを消耗するといわれているため、100回咳をすれば200kcal。軽いジョギングを30分行ったときと同じ運動量になります。

ダイエットには効果がありますが、喉を傷めるので咳を利用したダイエットは控えたほうがよいです。

それほど咳は体力を消耗しています。

この辛い咳を止める方法はあります。コーヒーとハチミツのコラボレーションで抑えることが可能です。

咳を止めるハチミツの効果

咳を止める効果のある市販の「咳止め薬」がありますが、ハチミツのほうが咳の症状や睡眠の質を改善するという研究結果があります。

ハチミツの効果には抗炎症作用抗酸化作用があるため、咳の改善に作用すると考えられます。

就寝30分前にスプーン半分から2杯のハチミツを与えられた子供は、ハチミツを与えられなかった子供と比べて、咳が緩和されました。また、睡眠時間も長くなりました。

しかし注意点があります。1歳未満の赤ちゃんはボツリヌス菌に感染する危険があるため、1歳を過ぎてからにしましょう。ハチミツの中に活動を休止したボツリヌス菌が含まれる事がまれにあります。

通常はそのまま摂取しても体外へ排出されますが、乳児の場合は腸内細菌をうまくコントロールできません。

乳児ボツリヌス症を発症した場合は死に至る危険もあります。1987年、厚生省により1才未満の乳児にはハチミツを摂取させないようにとされています。

咳を止めるコーヒーの効果

コーヒーは咳を予防する効果があります。

コーヒーに含まれるカフェインはメチルキサンチンと呼ばれ、気管支拡張作用があると言われています。要するに呼吸がしやすくなります。

また、カフェインには抗炎症作用があるため痛みを和らげる効果があります。

朝食の時に濃ゆめのコーヒーを2杯飲むとぜんそくの症状が改善する報告や、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、まったく飲まない人に比べてぜんそくを発症するリスクが少ないなどの報告もあります。

しかし、カフェインを寝る前に摂取をすると寝付きが悪くなります。カフェインには覚醒作用があるためコーヒーを飲む時間には気を付ける必要があります。

もやパンダ
もやパンダ

痛みがやわらぐパラ。

咳を止めるコーヒーハチミツの効果

通常、長引く咳の治療には吸入ステロイドで治療することが多いのですが、はちみつ入りのコーヒーの組み合わせが非常に有効であると研究結果が出ています。

ハチミツのみよりも効果が出ました。ハチミツとコーヒーのダブル効果により、止まらない咳に非常に有効であることがわかりました。

まとめ はちみつ+コーヒーの恩恵

コーヒー・はちみつの摂取のし過ぎには注意しましょう。

もやパンダ
もやパンダ

咳が辛いときにはハチミツコーヒーで止めるパラ!