コーピングのやり方でキラーストレス対処法

スポンサード リンク

突然死を招く”キラーストレス”が問題視されています。キラーストレスに負けない方法とは?

もやパンダ
もやパンダ

働き盛りの40代、50代がストレスで突然死をしているみたいパラ・・・。恐ろしいパラ・・・。

小学生も年間10万人が突然死をしています。とくに4月は環境の変化が多くなるので、1年で最も突然死が多い時期になります。

キラーストレスに負けない方法

突然死は、キラーストレスと言われているものが原因です。仕事上のちょっとしたミスや些細な夫婦喧嘩などが積み重なり、ある日耐えきれずに突然死につながるのです。

ストレスが溜まっているのが自分でも分からないため怖いです。「イライラしたり、寝られない」とかの症状がでると、キラーストレスの最初の症状かもしれません。

人はストレスを感じると、脳の不安を司る扁桃体(へんとうたい)と言う部分が反応してストレスホルモンが分泌されます。

すると、心拍数が上がったり、血圧が上昇。普通はすぐにストレスホルモンは収まりますが、積もり積もったストレスになっているとストレスホルモンがとまらなく出てしまい、自律神経が乱れて血圧も上昇します。

脳などの血管が破裂して突然死になる場合があるのです。そして、ストレスは血を固まらせやすくするため、若い人でも心筋梗塞や脳梗塞になる恐れがあります。

幼少期に強いストレスを受けていた人はストレスに弱い傾向があります。

幼少期に虐待やいじめとかのストレスを感じると、扁桃体が肥大化をして敏感になってしまうのです。大人になってからもその状態が続くので、ストレスに弱い人になります。

もやパンダ
もやパンダ

小さい頃からストレスがかからないようにしないといけないパラ。

キラーストレスの対策法

では、キラーストレスを抑える対策はないのでしょうか?

自律神経を整えるとよいです。自律神経は、内蔵を動かしたり、血流をながしたり、体温調節や栄養を吸収するなど、意思とは関係なく身体をコントロールしている神経を指します。

自律神経は大きく2つに分けることができます。ストレスを溜めない対策方法も見ていきましょう!

 

交感神経
心拍数を上げ、興奮させる神経になります

副交感神経
心拍数を下げ、リラックスさせる神経になります

 

どちとも絶妙なバランスが大事で、交感神経が優位になると、更年期障害を引き起こす可能性があります。逆に副交感神経が優位に立つと、やる気が起きずにうつ状態になります。

自律神経を整える方法は音楽を聞くこと。曲を聞く際は、リラックスしようと思わずに「ぼー」っと聞くことが大切です。何も考えないようにしましょう。

もやパンダ
もやパンダ

ぼーーーーーーとするパラ。無心パラ。

コーピングでストレス対策の方法

コーピングとは、過酷な環境でミッションを遂行する宇宙飛行士がストレスなくすために行っている方法です。紙とペンを用意しましょう。

ストレスを感じた時にリラックスできる方法を思いつく限り、すべて書き出します。どんな事でもOKです。質より量をたくさん出すことが重要です

ストレスを感じた場合は、その書き出した票を参考に、その都度コーピングを行い試していきます。

物に当たったり、知人と電話をしながら愚痴を言うなどは、自律神経が乱れるので注意が必要です。自律神経の交感神経と副交感神経を1:1の比率になるように調整をしていきます。

まとめ ストレスはその都度、解決していく

もやパンダ
もやパンダ

自律神経のバランスをコーピングで調整したら突然死を防げるパラ。ストレスを溜めないようにその都度解決していくパラ!