抜け毛の原因は冷房!夏に気をつける対策方法

スポンサード リンク

動物は春から夏にかけて毛が抜け落ちます。これは夏までに体毛を新しく変えることで冬の寒さに耐えるためです。

人間も動物なので、春から夏、そして秋にも抜け毛が増える人が激増します。

ただ、夏は紫外線など髪にとって多くの“敵”が立ちはだかるため、正しいケアをきちんとしておかないと、毛は抜け続けて新しい毛が生えてこなくなってしまう恐れもあるのです。

ダメージをできるだけ抑える対策とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

夏は抜け毛が多くなるパラ。全身毛だらけで口の中に毛のかたまりが入ってきて大変パラ。人間はまだいいほうパラ。

全身を毛で覆われた動物は大変。猫も毛玉を吐き出すくらい大変です。春から夏にかけて髪が抜けるのは自然なことですが、外的や内的要因で身体にダメージを受けると髪は弱くなっていきます。

夏に気をつけたい抜け毛の原因とは

冷房や間違ったダイエットをしてしまうと、髪のダメージを加速させることになります。少しでも髪の負担を減らすように対策を見てみましょう。

冷房に頼り過ぎる生活

熱中症対策として冷房は暑い日には欠かせません。しかし長時間冷房にあたる環境は注意が必要です。

 

湿度が下がるため頭皮が乾燥する

身体の冷えから代謝が悪くなり、血行も活発化せず

 

冷房をかけると身体は乾燥をしてしまいます。人体の60%~70%は水で出来ているほど、人にとって水分はとても大切なもので、乾燥は避けたいものです。

冷房の抜け毛対策

対策として頭や身体に直接風があたらないようにします。

会社などで席の移動や風向を変更できない場合は、頭が冷えたと感じたらマッサージをするなどして血行を促進させましょう。

汗を放置する生活

暑い夏に汗は当然かきます。問題はその汗の対処法です。

皮膚から吹き出た汗をそのままにしておくと皮脂としてかたまります。すると毛の成長を妨げることになるためやがて抜け毛になってしまうのです。

特に気をつけたいのが、汗をかいた状態で帽子をかぶりっぱなしにしていること。

紫外線対策で欠かせない帽子ですが、頭が蒸れやすくなり雑菌が増殖しやすい環境になりやすいです。

汗の抜け毛対策

汗をかいたらできるだけやさしくタオルなどで拭き取り、日陰などでは帽子を取るようにしましょう。そして夏の間はこまめな洗濯が欠かせません。

また、汗をかいたから皮脂を取らないとと思い、シャンプーを1日に何度もするのは逆効果になります。

皮脂は毛根に雑菌などが入らないようにする働きもあるため、必要以上に皮脂を取りすぎると、炎症などの頭皮トラブルを招いてしまいます。

過剰な皮脂だけを取ることが重要です。どうしても気になる時は、お湯ですすぐだけにしましょう。

間違えたダイエット生活

断食ダイエットなどがありますが、3日を超える長期間断食を行っていると栄養が滞ってしまいます。

髪の毛の栄養のほとんどが、食事からとるタンパク質で構成されています。偏った食生活を続けることで髪の毛に栄養がいかなくなり、毛が細くなり抜け落ちることに。

夏に抜けなくても栄養が行き渡らない髪の毛は秋にかけて細くなり、やがて抜けてしまいます。

ダイエットの抜け毛対策

バランスのとれた食生活に運動を取り入れて、健康的にダイエットに取り組むようにしましょう。

まとめ 蒸れは髪の天敵

冷房にも意外な落とし穴があります。夏のダメージを極力減らして、秋を迎えましょう。

もやパンダ
もやパンダ

蘇れ毛根魂パラー!乾燥しない蒸れない環境を作るのがポイントパラー!