あなたの肥満遺伝子は何型?簡単な体質遺伝子検査で確認方法

更新日:

ダイエットをしてもなかなか痩せられないという経験をお持ちの方、ひょっとしたら体質遺伝子によるものかもしれません。

 

肥満体質遺伝子とは


遺伝子で痩せる人とそうじゃない人は違うパラ?違いがあるなら肥満の人に痩せる遺伝子があればいいのにパラ。

 


肥満体質遺伝子というものがあるの。肥満体質遺伝子とは、遺伝子異常のために基礎代謝で使われるエネルギー量が減少してしまうこと。痩せやすい遺伝子と痩せにくい遺伝子を知ることで効率的なダイエットを目指すことが出来るわ。基礎代謝の平均は男性が1500kcal、女性が1200kcal。この基礎代謝は個々に持っている遺伝子により差があるの。

 

太る遺伝子と痩せる遺伝子


太りやすく痩せやすい遺伝子の種類にはどのようなものがあるのか、次に挙げられるわ!

 

β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)

日本人の34%
基礎代謝が1日辺り200kcalも低く、日本人に多いタイプになります。糖質を取ると太りやすく、お腹周りから太り男性に多く見られ、りんご体型とも言われています。

 

脱共役たんぱく質1遺伝子アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP-1)

日本人の25%
基礎代謝が1日100kcal低く、下半身が太っており、脂肪の代謝が悪い。脂質で太りやすくなります。女性に多く見られ洋なし体型と言われています。

 

β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)

日本人の16%
基礎代謝が1日200kcal高い逆肥満遺伝子で、筋肉がつきにくい。また、一度太ると痩せにくく、バナナ型と言われいます。男女半々になります。

 

日本人の遺伝子を見極めて痩せる対策まとめ


体質遺伝子のまとめと対策が次に挙げられるわ。

 

◎タイプ・・・りんご型
基礎代謝・・・-200Kcal

・脂肪・・・内臓脂肪
・対策・・・炭水化物と糖分を少なる摂取すること

 

◎タイプ・・・洋なし型
基礎代謝・・・-100Kcal

・脂肪・・・皮下脂肪
・対策・・・脂質を少なく摂取すること

 

◎タイプ・・・バナナ型
基礎代謝・・・+200Kcal

・脂肪・・・脂肪・筋肉がつきにくい
・対策・・・筋肉を付けるため、タンパク質を多く摂取すること

 

日本人の70%は肥満遺伝子を持っている「肥満遺伝子」というのは生涯変わることがないので、自分の肥満遺伝子タイプを把握することが大切です。遺伝子検査キットなどがあります。

 

ただ、肥満の原因は、遺伝3割・生活習慣7割と言われており、肥満の多くの原因は生活習慣と考えられています。「私、親が太ってるから・・遺伝の問題だから・・・・」というのは残念ながら言い訳になってしまうのです。(ただ、どんなことをしても痩せない体質の人はいます。)

 


肥満の多くの原因は生活習慣パラ。生活習慣を改善することでダイエットの成功に繋がるパラ。

 


遺伝子は参考までにしてダイエットが上手く行かない人は、まず生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.