「コンディショナー」→「シャンプー」の順番で美髪になる理由

育毛
スポンサード リンク

お風呂で髪の毛を洗う場合、いつもどの順番で洗うだろうか?もっと髪の質がよくなる洗い方とは?実は逆転の発想に答えが隠されている。

最近の正しい髪の毛の洗い方は、「コンディショナー → シャンプー → コンディショナー」と言われているのだ。

髪を洗う順番はコンディショナーとシャンプーを入れ替え

コンディショナーをシャンプーの前にしてなにかよいことがあるのだろうか?

キューティクルを傷めない正しい洗い方

髪を綺麗に保つにはキューティクルの保護が重要だ。

キューティクルは髪の毛のまとまりやツヤを決める大切な部分になる。キューティクルがはがれてしまう原因は主に摩擦。つまり、摩擦を回避することで綺麗な髪質を手に入れることができる。

メモ

ポイント1
濡らす前にクシやブラシで絡まりをほどく。

ポイント2
整髪料を多く使ったり、髪の毛が絡んでしまうときにシャンプーの前にコンディショナーを使用する。コンディショナーは油分でコーティングするため、指通りがよくなる。

これにより髪の毛の摩擦を防ぎ、髪によい作用を生み出し、結果としてキューティクルを保護することにつながる。

メモ

・コンディショナー

・シャンプー

・コンディショナー

キューティクルを傷めない正しい乾かし方

髪を乾かす時にタオルでゴシゴシと拭いては絶対にいけない。濡れた髪の毛は乾いた時よりも非常にデリケートな状態だ。タオルの摩擦で傷つきやすくなる。

メモ

ポイント
タオルで髪の毛を包み押すように水気を取る。

また、ドライヤーを使い、早く乾かすことでキューティクルを保護することができる。この時に、8割温風で乾かしたら、2割を冷風に切り替えて乾かすのがポイントだ。

まとめ キューティクルの保護が美髪になる

キューティクルを守るのが髪を長持ちさせるコツになる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
育毛
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり