冷たいうどんは太りにくい理由

更新日:

うどんは日本人が大好きな料理の一つで、年中食べられています。

このうどんには、冷たいバージョンと温かいバージョンがあるのですがどちらのうどんも美味しいです。しかし、ダイエット的にみると大きく痩せる効果が違います。理由とは?


うどん美味しいパラ~♪


わたしもうどん大好き~☆彡いくらでもたべられるよ~♪


でもなんで今日のご飯は冷たいうどんパラ?


冷たいうどんは温かいうどんよりもダイエット効果があるの。

うどんを冷やすと痩せる!?

腸を温める食べ物の方が健康面やダイエット面から見ると効果が出ます。しかし、うどんの成分は「炭水化物」。炭水化物を加熱した後に冷やすことで太りにくい効果を得ることができます。

炭水化物を冷やすとレジスタントスターチが出来る

炭水化物に含まれるデンプンが冷えることでレジスタントスターチと呼ばれる成分に変化します。

レジスタントスターチはでんぷん。でんぷんはエネルギーに変換されにくく、整腸作用や生活習慣病の予防になるといわれています。

そして、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を持っており、消化されにくい性質があります。

温かいご飯と冷たいご飯のダイエット効果比較

同じ量の温かいご飯と冷たいご飯を比較すると、温かいご飯は胃を通りエネルギーに変換をするため小腸で消化吸収されますが、レジスタントスターチが増えた冷たいご飯は、小腸で消化吸収されにくくなり大腸へ運ばれます。

そのため温かいご飯よりも冷たいご飯は、摂取カロリーが抑えられるメリットがあります。

小腸で吸収をされずに大腸まで届く特徴があり、便を絡めて体外に排出する効果に期待ができます。

ちなみに、冷やしたご飯やおにぎりも炭水化物のため同じ効果になります。うどんやおにぎりの他にも、冷やし中華やざるそば、冷やしたパンでもダイエットが可能です。

レジスタントスターチが最も増えるのは4~5℃と言われているので、冷蔵庫で冷やすとちょうどよいです。

まとめ 便秘改善に最適


食べ過ぎたら意味がないから気をつけなきゃ☆彡


炭水化物を冷やすことでダイエット中の罪悪感は薄まるパラ。電子レンジで温めないように気をつけるパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.