気になるキーワードを検索

健康維持の方法

風邪を早く治す方法はお風呂に入ると良い理由

更新日:

風邪ひいたときに早く治す方法、それはお風呂に入るとよい。風邪でお風呂?逆に悪化しそうなのだが、実はそうとも言い切れない。免疫力と体温には深い関係がある。

医学的目線の風邪を治す入浴法

自分の平熱より1度下がると免疫力は3割も低下する。逆に平熱よりも1度上がると5~6倍も免疫力が向上する。

風邪を引いた時には熱を発生させるように、身体を温めることがウイルスを撃退する鍵になる。

昔は「風邪の場合はお風呂に入らないように!」と言われていた記憶がある人も少なくない。日本では「風邪の時は、お風呂に入ってはいけない」という風潮がたしかに存在する。

では、なぜこのような言い伝えが昔からあるのだろうか?実はその理由は、昔の家の造りにあるのだ。昔はお風呂が家になかったり、離れにあったり、さらには隙間から風が入ってくるのが普通だった。

お風呂が家にない場合は、帰るまでの道のりで湯冷めしてしまい、離れなどの場合は隙間風で湯冷めしてしまう。そう、風邪の悪化を避けるために入浴はダメだと言われていたのだ。

現代の家ではそのようなことがほとんどなくなったため、お風呂に入ることを問題ないと考えるお医者さんが増えている。冷たい風が入ってこない今の家は昔の家と全然違う。湯冷めしにくいのだ。

風邪を悪化させてしまう入浴

お医者さんにより意見が異なっているお風呂の常識。しかし、その中で共有しているのが正しい入浴法で入ること

入浴をして身体を温め新陳代謝をアップさせたり、血行促進の効果などから早く風邪が治ると言われている。

間違えた入浴法をすると逆に悪化させてしまう場合もあるため注意が必要だ。37.5度くらいの微熱程度なら入浴は問題ない。

しかし、身体がぐったりしているときや、次のような症状が出ている場合は入浴は避けて安静にしておくことが大切となる。

メモ

入浴を避けるべき事態

・熱が38℃以上ある

・悪寒や全身の倦怠感がある

・嘔吐や下痢などの症状がある

・めまいや頭痛がひどい

・起き上がるのも辛い

お湯の温度が42度以上になると、交感神経が刺激されて身体が緊張すると共に血圧も上がり、心臓の負担も大きくなる。

そして、食事直後の入浴をすると食後は消化するために血液が胃腸に集まらず、お風呂に入ることで血液が胃腸より身体の表面に集まってきてしまい、消化不良につながる恐れがある。

食後30分~1時間後にお風呂に入るようにするとよい。

また、半身浴よりも全身浴のほうが、温熱効果が高く新陳代謝が良くなる。痛みの改善にもつながるのだ。

それに、真水の水道水は肌に刺激が強いため2番目以降かビタミンCや入浴剤を入れるよにしてお湯を柔らかくすると弱った身体には優しい入浴方法になる。

風邪のときに無理してお風呂に入らないように、体温が37.5度くらいを目安にする。

風邪を治す正しい入浴法

メモ

・身体を冷やさない

・極力、体力を消耗させない

・体力を奪わない程度に、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かる

・入浴後は、身体をすぐに拭き、身体を冷やす前に早めに布団に入る

・洗髪した際は入浴後、完全に髪を乾かす

・入浴後は、しっかりと水分を補給する

まとめ 風邪にお風呂は湯冷めには気を付ける

自分で「温かい」と思う温度の39~41度前後の温度設定に10分~15分程度入浴する。風邪のウイルスは、熱に弱いためお風呂に入ることで風邪ウイルスが弱る効果に期待ができる。

ただし、一番大切なことは湯冷めをしないこと。

人間の身体は、体温が37度台の時に最も強力に免疫力が働いているため、風邪の治りかけと風邪の引き始めの身体が動けるときにウイルスを撃退するのが一番だ。

正しい方法で入浴すると血行を促進して身体が温まり早い回復につながる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.