グリーンコーヒーのダイエット方法で効果的な飲み方

更新日:

国立がん研究センターが、コーヒーをよく飲んでいる人の方が肝がんの発生率が低いと言うほど、コーヒーによる健康効果に期待が集まっています。

しかし、健康以外にダイエット効果もあるコーヒーが話題になっているのです。それが“グリーンコーヒー”。グリーンコーヒーとはぃったいどのようなものなのでしょうか?


“グリーンコーヒー”が、海外のセレブたちに人気パラ。なんで人気パラ?


グリーンコーヒーは、ばいせんされていない生のコーヒー豆を指しているの。

グリーンコーヒーのダイエット効果

焙煎する前の生豆になるため、色は茶色ではなく黄緑色~緑色をしています。

コーヒーは健康にいい効果をもたらすことでも知られていますが、ダイエットや美容に効果のあるグリーンコーヒーがセレブの中で話題です。

コーヒーには気管支を広げ、呼吸機能を改善させるカフェインや、動脈硬化の予防になるカテキンといった成分が含まれていますが、クロロゲン酸に注目しましょう。

クロロゲン酸は脂肪の蓄積を抑えたり血糖値を下げる働きがあり、ホルモンの分泌を促すことから、「抗酸化作用、抗菌性、ダイエット・美容効果、認知症の予防、糖尿病や動脈硬化リスクを下げる」など嬉しい効果がたくさんあります。

もやパンダ
クロロゲン酸すごいパラ。

クロロゲン酸の効果

脂肪燃焼効果

抗酸化作用

抗菌性

美肌効果

認知症予防

糖尿病予防

動脈硬化予防

血糖値上昇の抑制

など

インドの臨床試験の結果で、22週間に渡りグリーンコーヒーを飲むことで、体脂肪が約16%減少することが判明しました。

また、BMI値が約10%減少、悪玉コレステロール値、血糖値、体脂肪が減少するということが立証されています。

しかし、グリーンコーヒーの必要があるのでしょうか?普通のコーヒーにもクロロゲン酸は含まれています。

クロロゲン酸は加熱すると壊れやすい特徴があります。深煎りすると分解されやすいです。グリーンコーヒーは浅煎りや生豆のまま飲むことができるので、普通のコーヒーよりも効果を高めることができるのです。

もやパンダ
グリーンコーヒーはダイエット効果を高めるパラ。

グリーンコーヒーの効果的な飲み方

クロロゲン酸は熱に弱いため焙煎されたコーヒーだとダイエットの効果が薄まります。一方、グリーンコーヒーは焙煎していないため豊富なクロロゲン酸を効率的に摂取することが可能です。

まとめ クロロゲン酸がすごい


成分を抽出した液体として販売されているものに水やミルクを混ぜて飲んだり、ティーパック状のものにお湯に入れて飲みましょう!


食事や運動をする30分~1時間前に飲むと、脂肪燃焼効果が働いてダイエット効果を効率的にできる
パラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.