気になるキーワードを検索

健康維持の方法

白内障の予防に効果的なサングラスの選び方

更新日:

紫外線対策にはサングラスが強い味方になる。紫外線は白内障などの病気を引き起こす原因ともいわれているのだが、薄い色のサングラスと濃い色のサングラスはどのように効果が違うのだろうか?

長時間に強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性症といった、視界がゆがんだり見えづらくなる病気が引き起こされる。

屋外に長時間いる、スポーツや農作業ではサングラスを付けることで病気のリスクを大幅に下げることができる。

サングラスの色の濃さと白内障の関係を見ていこう。

白内障で濃いサングラスと薄いサングラスの違いの差とは

紫外線が水晶体で吸収されて、白内障の原因になる。

サングラスは紫外線透過率が重要

白内障などの原因になる紫外線を防ぐには、サングラスの色に差はない。色と紫外線カットの性能は関係ないのだ。

重要なことは紫外線透過率が高いかどうか。紫外線を99%以上カットと表記されているサングラスを選ぶようにするとよい。

白内障予防のため濃い色のサングラスは注意

紫外線がカットできないサングラスを使っている場合、その色が濃い色だと危険だ。

目は暗いところでは瞳孔が開くのだが、たくさんの光を取り込もうとするため紫外線カット機能のない濃い色のレンズで強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になり、多くの紫外線を目に取り込んでしまう。

紫外線カット機能の付いていないサングラスの場合だと、薄いサングラスのほうが白内障のリスクを下げてくれる

色が薄い+紫外線カット機能がついたサングラスは最強。

しかし、安心はできない。光はいろんな角度から射しているのだ。サングラスと顔の間に隙間があると、光が回り込んで目の中に入りこむ。

少し大きめのサングラスで、顔に沿うようにカーブしているサングラスを選ぶようにしたら万全だ。

まとめ 白内障を防ぐサングラスの選び方

雪国は雪の照り返しがあるので紫外線が強くなる。冬場でも要注意だ。紫外線は4月頃から強くなる。6月・7月にピークを迎え、9月頃まで警戒が続く。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.