もやもやする痩せないダイエットの原因とは?健康に痩せるしらべ

もやパンダのダイエット&健康

健康維持の巻

色が薄いサングラスは白内障に効果的な理由

更新日:

紫外線対策にはサングラスが強い味方になります。紫外線は白内障などの病気を引き起こす原因ともいわれていますが、薄い色のサングラスと濃い色のサングラスはどのように効果が違うのでしょうか?この差って何ですか?

 

白内障で濃いサングラスと薄いサングラスの違いの差とは


白内障はサングラスで防げるパラ?

 


長時間に強い紫外線を浴びると、白内障黄斑変性症といった、視界がゆがんだり見えづらくなる病気が引き起こされるわ。屋外に長時間いる、スポーツや農作業ではサングラスを付けることで病気のリスクを大幅に下げることができるの。

 


サングラスって、色の濃いものと薄いものがあるよね~?濃い色のほうがいいのかな!?外人さんがつけてるサングラスってほとんど”ターミネーター”みたいに真っ黒なサングラスじゃない☆彡

 

サングラスは紫外線透過率が重要


紫外線が水晶体で吸収されて、白内障の原因になるの。白内障などの原因になる紫外線を防ぐには、サングラスの色に差はないわ。色と紫外線カットの性能は関係ないの。重要なことは紫外線透過率が高いかどうかよ。紫外線を99%以上カットと表記されているサングラスを選ぶようにしましょう。

 


濃いレンズでも薄いレンズでも紫外線カットされていれば大丈夫パラ。

 

白内障予防のため濃い色のサングラスは注意


うん、紫外線がカットできないサングラスを使っている場合、その色が濃い色だと危険よ。目は、暗いところでは瞳孔が開くの。たくさんの光を取り込もうとするから、紫外線カット機能のない濃い色のレンズで強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になって多くの紫外線を目に取り込んでしまうわ。紫外線カット機能の付いていないサングラスの場合だと、薄いサングラスのほうが白内障のリスクを下げてくれるの。

 


っということは~、色が薄い+紫外線カット機能がついたサングラスは最強じゃない♪

 


でも、安心はできないわ。光はいろんな角度から射しているの。サングラスと顔の間に隙間があると、光が回り込んで目の中に入ってくるわ。少し大きめのサングラスで、顔に沿うようにカーブしているサングラスを選ぶようにしたら万全よ。

 


紫外線はは4月頃から強くなるパラ。6月・7月にピークを迎えるパラ。9月頃まで警戒期間パラ。

 


雪国は雪の照り返しがあるから紫外線が強くなるわ。冬場でも要注意。

 


紫外線が入らないかわいいサングラスかわなきゃ☆彡

スポンサード リンク

注目記事

1

人が物を覚える時に記憶はいったん海馬という脳の部分に保存されますが、海馬で整理整頓された情報は、大脳皮質で格納されます。   新しい記憶は海馬に、古い記憶は大脳皮質に保存されるということです ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

少し顔を下げるとあごが二個。二重あごを解消すると実年齢よりも若く見せることができます。   二重あごを解消する方法 二重あごに悩んでいる人がたくさんいるパラ。目立たなくできないパラ? & ...

-健康維持の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.