痩せる食べ物

糖質制限ダイエット方法で失敗!危険な落とし穴とは

更新日:

内臓脂肪に詳しい名医の池谷先生は、糖質制限・炭水化物抜きをしている人は注意が必要と言います。その理由は、「大病にかかった時に、生還率が低くなる可能性が高くなるため」。糖質制限ダイエットは正しいやり方で行うと効果的ですが、間違ったやり方だと危険のリスクが高まります。

 

スポンサード リンク

糖質制限の危険性


ダイエットの常識は移り変わるパラ。糖質制限ダイエットで新常識がでたらしいパラ。

 


ダイエットに成功したように見えても肝心の脂肪がほとんど落ちていないことがあるの。正しい糖質制限ダイエットは、炭水化物を食べない分、たんぱく質や脂質などで必要なエネルギーを補うわ。

 


失敗する糖質制限ダイエットがあるパラ?

 


間違ったダイエット法は、糖質抜きで不足したエネルギーに加え、他の栄養も摂らなくなるダイエット。これは、痩せるどころか新型肥満になってしまうの。

 


新しい肥満が”こんにちわ”するパラ・・・。

 


新型肥満は、サルコペニア肥満と呼ばれるもの。筋肉の中に脂肪が入り込んで筋肉が縮小するから、メタボよりも怖い肥満と言われているの。

 


正しい糖質制限ダイエットは、制限したカロリー量の油・たんぱく質を摂ることが重要パラ。筋肉が小さくならないように気を付けるパラ。

 

糖質制限ダイエットは栄養バランスが成功の鍵


糖質制限ダイエットのメリットは、糖質を制限すればタンパク質や脂質はお腹いっぱい食べても大丈夫でお酒もOK!糖質制限ダイエットのデメリットは、炭水化物を食べないと力が出ないことや医師の多くが糖質制限に対して否定的な人が多いこと。

 


医者の人はなんで否定的な人が多いパラ?

 


その理由として、長期に渡る臨床データがないということや、安全性に科学的な根拠がないといわれていることが挙げられるわ。

 


正しいやり方の糖質制限ダイエットで肯定的の声を広めるパラ。

 


筋力が弱っているのかどうかを確認する方法は、靴下を片足で履けるか試してみるの。よろめいたら筋力が弱まっている可能性があるわ。サルコペニア肥満の人は靴下を片足立ちで履くことが困難。別の方法として、両手でバランスを取って片足立ちして30秒ぐらつかなければ大丈夫

 


試してみるパラ!

スポンサード リンク

注目記事

1

目が悪くなった小学生の視力が治るとして、“アイアイ体操”と呼ばれているものがあります。埼玉県の上尾市立原市小学校で視力が回復したと話題になっていますが、いったいアイアイ体操とはどのようなものなのでしょ ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.