エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

お菓子を食べても太らない7つの方法

シェアする

お菓子はいくつになっても食べたくなるもの。特にストレス社会で生きる私達にとってはその疲れからついつい甘いものに手が伸びてしまう人も多いのでないでしょうか?しかしダイエット中の人にとっては、お菓子は天敵となり後ろめたい感じに・・・それならば、お菓子を食べても太らないように食べたらいいのでは?

スポンサード リンク

お菓子を食べても太らない方法

@MP12ダイエット中なのにまた食べてしまったパラ・・・。ついつい手がお菓子に伸びてしまうパラ・・・。あ・・・明日から本格的にダイエット始めるから大丈夫パラ!

@MPHRK2明日も同じことをいってそうね(笑)お菓子を太らないように食べたら?

@MP5そんなことできるパラ?

@MPHRK4お菓子を食べても脂肪がつきにくい食べ方を見ていきましょう!

レモンティーとお菓子

レモンティーには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。新陳代謝をコントロールして、レモンに含まれるポリフェノールの一種であるエリオシトリンの脂肪吸収を抑える効果もあります。さらに紅茶カテキンには糖分を分解する酵素も!お菓子に含まれる糖分を分解して脂肪を付きにくくする作用に期待出来ます。

お菓子を食べる前に豆乳を飲む

コレステロールや中性脂肪を減らすレシチン、体脂肪の蓄積を防ぐイソフラボン、脂肪代謝を促進するペプチド、そして大豆サポニンが腸内環境を整え、脂質や糖質の吸収を抑えてくれる「無調整豆乳」を、 スナック菓子を食べる30分前に飲んでおくと満腹中枢を刺激するため、お菓子の食べ過ぎを防止してくれます。

お菓子の後にヨーグルト

ヨーグルトと言えば腸内環境を整える効果で有名です。この腸内環境を整える乳酸菌は胃酸に弱い性質となるため、胃に何か食べ物を入れた後にヨーグルトを食べると効果が出やすくなります。お菓子の後にヨーグルトを食べることで腸内環境が改善され便秘を防ぐことが可能です。

お菓子をお皿に小分けする

お菓子は通常パッケージに入っていますが、そのまま食べるとついつい食べきるまで食べてしまいがちです。次から次へと食べてしまうため気づいたら「もう無い!」なんてことも・・・そこで食べる量を最初から制限します。パッケージからお菓子を出してお皿に小分けしておきましょう。最初から量が決まっていると無意識に食べる速度も遅くなっていき、満腹感を得やすくなります。

お菓子食べるなら野菜お菓子

お菓子の種類は実に様々です。星の数ほど種類があります。ビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含む野菜を食べてみてはいかがでしょうか?ドライフルーツや野菜のスティックお菓子も販売されています。寒天ゼリーやこんにゃくゼリーなどはカロリーが低めなのでオススメです。

食べる時間を決める

同じ量のお菓子を食べても“食べる時間”を選ぶことで太りにくい食べ方に繋げる事が出来ます。脂肪細胞に脂肪をため込む働きをするBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質があります。このBMAL1は時間帯によって分泌量が変わる性質があり、分泌が一番少なくなる時間が午後3時頃で分泌量が多くなる時間は午後10時~午前2時頃となります。お菓子を午後3時に食べれば、夜に食べるよりも脂肪になりにくくすることが出来ます。「午後3時のおやつ」は理にかなっているということですね。

お菓子と温かい飲み物

お菓子と温かい飲み物を一緒に食べることで満腹感が高まりやすくなります。コーヒーやお茶、ハーブティーなどリラックス出来るお菓子タイムを楽しみたいですね。ポイントとしては、飲む→食べる→飲む→食べるのように交互にしていくことです。満腹感を効果的に得やすくなります。また、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲むことで身体の冷えを予防することが出来ます。

太らせないお菓子環境が大事!

@MPHRK5基本的に、お菓子は一日200Kcalまでと言われているの。ダイエット中の人は、1日のおやつのカロリー100Kcalを目安に抑えるようにしましょう。

@MP2味わって~ゆっくり~っと食べるようにすると満腹感と満足感を得やすくなるパラ。