ニンニクの癌予防を効果的にする食べ方

スポンサード リンク

がん予防に最も効果的な食べ物は「ニン二ク」!?「ニンニクをとるとスタミナがつく」という話を聞いた事があると思います。

スタミナとは「持久力」や「根気」を指す言葉ですが、日本では「体力があり疲れないこと」や「精力的であること」という意味で使うことが多いです。

もやパンダ
もやパンダ

にんにくが癌予防に効くパラ?本当パラ?

ニンニクとタマネギの栄養成分を比べると、エネルギー量で3.6倍、脂質で13倍という違いがあります。さらに、ビタミンB1ではタマネギの6.3倍も含まれています。

ニンニクの特徴

ニンニクは、タマネギのような植物と同じく、球根の一種である鱗茎のため地中で育ちます。普段「ニンニク」として食べている部分は根ではなく葉が変形したものであり、そこに栄養を蓄えています。

もやパンダ
もやパンダ

ラーメン・焼肉には欠かせないパラ。

ニンニクの匂いの原因

ニンニクにはアリシンという成分が含まれ、これが強い匂いのもととなる化合物です。

アリインは元々は無臭ですが、ニンニクを刻んだりつぶしたりして細胞が壊れることで、アリインがアリイナーゼという酵素と合わさり、アリシンが出来上がります。

もやパンダ
もやパンダ

アリシンが匂いのもとだったパラ。

ニンニクと癌予防の関係

にんにくは独特のにおいがするため、ラーメンを食べる時に女の子はいろいろと葛藤している人が多いです。

特に付き合いたての彼氏と一緒にラーメンを食べるときにはラーメンの味がわからないほど、食べた後の口臭が気になります。そんなニンニクですが、ニンニクには癌予防に効果があります。

アメリカ政府が90年代初頭から進めている癌に予防効果のある食品を探して有効な食品を作り出そうという国家プロジェクト「デザイナーフーズ計画」というものがあります。

この計画により127種類の野菜のうち、ニンニクが癌になる危険性を少なくする最も効果的で重要な食物であると証明されました。

にんにくに含まれるDATS(ジアリルトリスルフィド)は、ガン細胞の増殖を抑えて寿命のある正常な細胞に戻し、ガン細胞を消滅させることが判明しました。

中でもニンニクは、大腸ガンの予防効果があるとして期待をされています。体内に癌細胞が出来ると、増殖を防ごうとして身体が反応します。この時に働くのが「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」

そして、ガン細胞と戦って弱ってきたナチュラルキラー細胞を元気にさせるのが「S-アリルシステイン」という存在。実は、このS-アリルシステインを含む食品はニンニクだけに含まれています。

癌を撃退するニンニク成分

 

ジアリルスルフィド(DAS)

ジアリルジスルフィド(DADS)

ジアリルトリスルフィド(DATS)

S-アリルシステイン(SAC)

 

にんにくと癌に関する主な研究

 

1986年:アメリカ国立がん研究所
55~69歳の女性約4万人を対象に5年間追跡調査したところ、ニンニクを週1回以上食べる人はそれ以下の人より32%リスクが減少したことが判明

2006年:イタリア研究結果
全くあるいは殆ど食べない人に比べ、食べる人は12%大腸癌のリスクが減少し、良く食べる人は26%大腸癌のリスクが減少したことが判明

2007年:世界がん研究基金・アメリカがん研究財団の共同調査
ニンニクが大腸がんに効果があると発表

 

発がん性物質を代謝・解毒することで無害化し、体外に排出することで癌細胞の発生を阻止することがニンニクには可能です。

そして、ガン細胞化した細胞を死滅させることで、癌細胞の増殖を阻止する役割もあります。

つまり、にんにくは『発がん性が体内に入ってきた時』・『細胞がガン化した時』・『ガン細胞が増殖する時』という3つの段階のガンを予防したり抑制する効果があるのです!

もやパンダ
もやパンダ

にんにくのトリプル効果パラ!すごいパラ!

ニンニクだけが持つS-アリルシステイン効果

S-アリルシステインは、肝臓ガンなどの発がん物質とされる、肝臓障害や動脈硬化の要因ともなる過酸化脂質を、代謝して減少させる効能があることが実験で報告されています。

ニンニクの癌予防として最も効果が期待できるのが、『胃がん』と『大腸がん』で多くの実験結果がそれを証明しています。

例えば、胃ガンの場合はニンニクを年に1.5kg以上食べると発生リスクが50%下がるという研究報告もあるほど。胃癌にかかるリスクを半分まで下げることができるのはすごいことです。

ニンニクの効果で防げる癌

 

胃癌

大腸癌

 

ただ、あまり効果が出ない癌もあります。

それが「乳がん」と「肺がん」。他にも、腎臓癌、食道癌、喉頭部癌、口腔癌、前立腺癌、卵巣癌等は効果は期待できるものの、確実性は現在のところ実証されていません。

っとはいえ、にんにくは癌に効果的だから食べておいて損はない!

ただ、一欠けらを1日食べるというデータもありますが、今の研究段階では具体的なニンニクの摂取量は判明していません。現段階では、「たくさん食べることで予防効果がある」っていうところまで。

まとめ ニンニクは胃癌・大腸癌の予防に効果的!

注意することがあります。食べ過ぎるとニンニクに含まれる刺激成分によって下痢などの症状を起こすことがあるため、量よりも継続して食べられるようにすることが大切。どちらにしても、身体に異変を感じたらすぐに病院にいき診察を受けることが重要です。

もやパンダ
もやパンダ

にんにくの食べ過ぎは注意するパラ。