気になるキーワードを検索

健康維持の方法

「焦げを食べると癌になる」嘘だけど本当の理由

更新日:

お肉や魚を調理した時にできる焦げは動物実験で発がん性が認められている。では人間の場合はどうなのだろうか?

同じように焦げを食べることで発がん性物質に変貌してしまうのか?アメリカ国立がん研究所の報告がある。

焦げを食べてガンになる!?

ハムやソーセージの発色剤に使われる亜硝酸塩と魚などに含まれるジメチルアミンが反応し、発がん性物質「ニトロソアミン」などが発生。

これをマウスに調理した餌を与えた場合、乳房、結腸、肝臓、皮膚、肺、前立腺、他の器官について発がん性リスクを高める可能性が動物実験で認めらた。

高温調理されたお肉、「焦げのある肉」について含まれるヘテロサイクリックアミン・ニトロソアミンを摂ると癌が発生すると言う動物実験の結果を得た。

しかし、お肉やお魚に含まれるトリプトファンというアミノ酸の焼け焦げ物質「トリプP1・P2」を直接マウスに投与すると肝臓がんになったのだ。

そして、魚の粉を焼いて焦がしたものを飼料に混ぜてハムスターに寿命である2年間投与し続けた実験では、癌になることはなかった。

まだ解明されていないことが多いようだ。

ただ、これらの研究で使用された投与量は極度に多い量で、人間に換算すると通常の食事から摂るであろう量の数千倍~数十万倍に相当する量になる。

人間に関する研究では、調理されたお肉からの起こるガンの発生との間に明確な関係は見つかっていない

さらに、人間が焦げを毎日好んで食べたとしても、摂取できないくらいの量の焦げを与えたても、肝臓をはじめ内臓にがんが発生しなかった。

焦げを食べてガンになるは本当だけど嘘でもある

つまり、魚やお肉に含まれる動物性タンパク質が、焼かれることによって発ガン性物質をつくり出すのは事実。しかし、少量では健康に影響はないということだ。

しかし、焦げを食べただけで癌になることはないのだが、それが塩分と結びつくと焦げの威力が増すため注意が必要だ。

ちなみに、炭水化物や野菜や果物の焦げには、発ガン性物質は含まれていないため焦げても安心だ。

まとめ 焦げはそこまで気にしなくていい

肝心なのはガンになるとされる焦げの量。1日にダンプカー1台分の焦げを食べないとガンの発症はしないと言われている。焼いたお肉や魚を普通に食べる分には全く気にする必要はない。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.