「焦げを食べると癌になる」嘘だけど本当の理由 - もやパンダのダイエット&健康

健康維持の巻

「焦げを食べると癌になる」嘘だけど本当の理由

更新日:

お肉やお魚を調理した時にできる焦げは動物実験で発がん性が認められています。では人間の場合はどうなのでしょうか?同じように焦げを食べることで発がん性物質に変貌してしまうのでしょうか?ハナタカになれる理由とは?

 

焦げを食べてガンになる!?


焦げ大好きパラ。でも焦げを食べたら“がん”になるって聞いたパラ。本当パラ?

 


アメリカ国立がん研究所の報告によると、ハムやソーセージの発色剤に使われる亜硝酸塩と魚などに含まれるジメチルアミンが反応して、発がん性物質「ニトロソアミン」などが発生。これをマウスに調理した餌を与えた場合、乳房、結腸、肝臓、皮膚、肺、前立腺、他の器官について発がん性リスクを高める可能性が動物実験で認められ、高温調理されたお肉、「焦げのある肉」について含まれるヘテロサイクリックアミン・ニトロソアミンを摂るとがんが発生すると言う動物実験の結果が得ることができたわ。

 


やっぱり焦げを食べるとがんになるかもしれないパラー!

 


でも、お肉やお魚に含まれるトリプトファンというアミノ酸の焼け焦げ物質「トリプP1・P2」を直接マウスに投与すると、肝臓がんになったけど、魚の粉を焼いて焦がしたものを飼料に混ぜて、ハムスターに寿命である2年間投与し続けた実験では、ガンになることはなかったわ。まだ解明されていないことが多いみたい。

 


パラ~。

 


ただ、これらの研究で使用された投与量は極度に多い量で、人間に換算すると通常の食事から摂るであろう量の数千倍~数十万倍に相当する量なの。人間に関する研究では、調理されたお肉からの起こるガンの発生との間に明確な関係は見つかっていないわ。さらに、人間が焦げを毎日好んで食べたとしても摂取できないくらいの量の焦げを与えたても、肝臓をはじめ内臓にがんが発生しなかったみたい。

 

焦げを食べてガンになるは本当だけど嘘でもある


つまり、お魚やお肉に含まれる動物性タンパク質が、焼かれることによって発ガン性物質をつくり出すのは事実だけど~、少量では健康に影響はないってこと?

 


うん。でも焦げを食べただけで癌になることはないけど、それが塩分と結びつくと焦げの威力が増すから注意が必要なの。そして、炭水化物や野菜や果物の焦げには、発ガン性物質は含まれていないから焦げても安心。

 


焼いたお肉やお魚を普通に食べる分には全く気にする必要がないパラ。安心したパラ。

 


肝心なのはガンになるとされる焦げの量。1日にダンプカー1台分の焦げを食べないとガンの発症はしないと言われているわ。

 


安心したよ。今日はご飯におこげつけてね♪おこげのついたご飯大好き♪

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-健康維持の巻

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.