褐色脂肪細胞(BAT)の増やし方!活性する場所とダイエット方法

更新日:

脂肪細胞には白色脂肪細胞褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?

 

痩せる脂肪細胞とは


細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。

 


痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知る必要があるの。白色は「綺麗・清潔」などと思い浮かべるけど、実際のところは・・・?見てみましょう。

 

白色脂肪細胞

白色脂肪細胞は、大量の脂肪を蓄えて中性脂肪としてエネルギーを体内に貯える作用があります。

 

褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は、余分なエネルギーを熱として放出する働きがあります。褐色脂肪細胞は脂肪細胞とも呼ばれ、脂肪を燃やす働きがあるのが特徴です。褐色脂肪細胞は熱を作るための細胞で、熱を生み出すためにエネルギーを必要とします。

 

このエネルギー供給のために脂肪を使うため、褐色脂肪細胞を活性化させることでダイエット効果が高まることになります。

 

褐色脂肪細胞はいわるゆる「痩せ細胞」と言われ、体温を保つ細胞です。脂肪なのに筋肉細胞のようにカロリーを消費する特殊な役割を持ち、褐色脂肪細胞が活発化すると基礎代謝は上がります。

 

2014年1月オーストラリアガーバン医学研究所の最新の研究により、成人の身体にも褐色脂肪が存在することが判明しました。褐色脂肪が多く付いている人の方が付いていない人よりも痩せている傾向があるとされます。

 

皮下脂肪が溜まると太って見える

皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下にある脂肪です。皮下脂肪は、なかなか落としづらい部分となるため、ダイエットの難しい所でもあります。

 

男性は、腹・胸・肩といった上半身が太りやすくりんご型体型が多いと言われています。女性は、ヒップ・太ももといった下半身が太りやすく洋なし型体型が多いと言われています。

 

男性は、昔狩りをしていたため獲物を捕らえるには上半身の筋肉が大切だったため、上半身に脂肪が溜まりやすくなり、 女性は胎児を外的や寒さなどから守る必要があったため、下半身に脂肪が付きやすいと考えられます。

 

内臓脂肪

内蔵脂肪は、名前の通り内蔵に付いている脂肪です。日常生活におけるありとあらゆる衝撃から内蔵を守る役割があるクッションです。内蔵にとってとても大事な組織になります。

 

しかし、そのクッションが多すぎるとあらゆる健康被害が出てくることになります。高血圧・糖尿病・認知症・心臓病・癌など・・・。

 

なぜ、脂肪が多くなると危険なのでしょうか?ハッキリとしたメカニズムは分かっていませんが、1番有力とさ れるのは、脂肪毒性という説です。肥大化した内臓脂肪は、脂肪酸を門脈経由で直接肝臓に放出します。

 

これは脂肪酸がどんどん内蔵に溜まっていくことを意味します。元々脂肪酸を保存することは出来ないので、毒性になり、結果、機能不全を引き起こすとされています。

 

褐色脂肪細胞は痩せる脂肪!場所と活性化する方法


褐色脂肪細胞は、首・肩甲骨・脇の下・腎臓付近にあるわ。赤ちゃんで100gあったものが、成人になると40グラムほどしかないの。これは成長に伴い褐色脂肪細胞が減少していき、成人になると肩甲骨まわりを除いて激減してしまうから。

 


褐色脂肪細胞を増やす方法はないパラ?

 


褐色脂肪細胞は減ることはあっても増えることはないわ!褐色脂肪細胞を活性化させる方法は刺激と運動になるの。肩を回すストレッチをしたり、熱めのシャワーを肩甲骨付近にかけたり、温かいお湯(40℃程度)と水(20℃程度)を交互に浴びる温水法が効果的!ただし、温度が急激に変わると身体によくないため、冷え性の方や心臓の弱い方は注意が必要。この場合ストレッチの方をおすすめするわ。

 


食べ物はどうパラ?

 


脂肪を減らすにはバランスの良い食事を取り入れることも重要。その上で摂取する量よりも消費エネルギーを多くすることが大切なの。ただ、痩せるだけではおしゃれな服を来ても可愛く見えないわ。健康に痩せることがとても大切。食事を摂る時はなるべく野菜から食べるようにしましょう。血糖値の急騰を防ぐことが出来るの。体脂肪を燃やす効果のある、緑茶などに含まれる抗酸化物質のカテキンを摂るようにしましょう。

 


運動はどうパラ?

 


運動をすると筋肉が増えるわ。筋肉細胞は脂肪細胞より多くのカロリーを消費することができるの。1日に消費されるカロリー量も増えるから必要な筋肉を増やす、または維持するのがポイント。筋肉細胞が活溌化すると、たとえ寝ていたとしても脂肪を燃焼することが出来るわ。さらに運動をすることで、白色脂肪を健康な褐色脂肪へ変えることも可能になるの。

 


脂肪の塊の白色脂肪を痩せる脂肪の褐色脂肪に変える運動は嬉しいパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-ダイエット知識

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.