エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

ダイエット中でも太らないパンの選び方とは

シェアする

Bread

パンが日本に入って数十年が経ち、今ではお米に次ぐ日本人の第二の主食となりました。それ故に毎日口にしている人も多いと思います。パンは炭水化物となり、余分に食べると脂肪に変わります。そこで豊富な種類のあるパンですがダイエット中は少しパン選びに気をつけてみましょう。

スポンサード リンク

ダイエット中のパン選び

@MP2パンってどこでも手軽に食べられるから嬉しいパラ。そういえばダイエットをしているときにできるだけ太らないパンを選ぶ方法とかあるパラ?

@MPHRK1ダイエットをしている中で炭水化物はできるだけ抑えたいところ。パンは炭水化物なのでパン好きには辛いわね。できるだけ太らないパンを見てみましょう。

ホールミールパン

胚芽とふすまがついたまま、粗く挽いた小麦粉(全粒粉)を使用したヘルシーなパン。ホールミールパンやライ麦を使用しているパンを選びます。食物繊維が豊富なので満腹感があり余計に食べることを防いでくれます。また、便秘解消にも期待出来ます。ライ麦に関しては血糖値の急上昇を抑えることが可能です。

ナッツ・クルミ系

クルミはコレステロールや中性脂肪の値を下げる「オメガ3」を含んだ優れた木の実です。さらに糖尿病予防、美肌効果など様々な効果に期待出来ます。アーモンドやピーナッツ、ウォールナッツなどは低カロリーとなり、チョコ入りパンよりもこちらを選ぶようにしましょう。ただし、クルミに関しては食べ過ぎるとカロリーが高くなるので控えめに。パンに含まれる程度なら大丈夫です。

フランスパン

日本のパンは一般的に“モチモチ”したものが多くあります。一方、フランスパンは粘りと弾力が少ないのが特徴です。フランス産の小麦には、血糖値を急速にあげる性質をもつ「グルテン」が少ないことが挙げられます。また、フランスパンは卵やバター、油などを使わず、小麦粉と酵母、水、塩だけで作られているので、その分カロリーを低く抑えることが出来ます。さらに、“噛む”という動作が多くなるフランスパン。必然的に満腹感を得やすくなります。

天然酵母ベーグル

天然酵母ベーグルは、牛乳や卵、バターを使わずに安全な酵母で発酵させています。人間の小腸に住みついて免疫機能を保つ作用があり、カロリーも低く、尚且つ身体に優しいパンです。

トッピングに気を付けてパン選び

@MPHRK2パンはトッピングされた組み合わせ材料により、カロリーが格段に高くなるわ。

パンのカロリー参考

◎食パン・・・265kcal
◎フランスパン・・・278 kcal
◎ベーグル・・・270 kcal
◎クロワッサン・・・449 kcal

@MP9パンを選ぶ場合は、組み合わせにも注視して選択するといいパラ。