気になるキーワードを検索

健康維持の方法

脳の老化は舌でわかる!チェック方法のやり方

更新日:

脳の老化は舌を見れば分かると言う。脳と舌の関係、そして秘密とはどういうものなのだろうか?

医学界では、舌の色や形、苔の色からその人の身体で何が起きているかを診断できるのが常識になっている。

健康状態が分かる舌の秘密

健康な舌は次にあげられる。

メモ

健康的な舌

・淡い紅色

・口の幅とほぼ同じ大きさ

・舌の中央に薄い苔が白く広がっている

舌のチェックをする時の注意点

メモ

・色が濃いコーヒーなどを3時間以内に飲食してはダメ

・舌をできるだけ伸ばしてチェックをする

舌についている苔で、身体の調子が分かるのだが、そもそも舌苔は舌の粘膜である糸状乳頭が角化したものを指す。皮膚でいうと「」だ。

垢って聞くと聞こえが悪いのだが、舌苔があることで食べ物が舌を傷つかないように守っているのだ。実はとても大切な組織。

通常は食事などで自然と剥がれていくのだが、身体の中で不都合が起こっていると舌苔にそれが現れてくる。

舌苔が白く厚い

舌苔が白く厚くなっている人は胃の調子が悪い傾向があり、しっかりとしたバランスの良い食事がとれていない可能性がある。

舌苔が黄色っぽく乾燥している

舌苔が乾燥して黄色っぽい人は、身体の中に熱がこもりやすい傾向があるため熱中症のリスクが高い状態だ。また、便秘を起こしている可能性もある。

舌の色が青や紫色をしている

舌の色が青や紫がかった色の人は、動脈の血流が減ったり、停滞している恐れがあり、冷え性になっている可能性がある。

一般的に冷えが慢性的に長期化してしまうと免疫力が低下するため、癌をはじめとした様々な病気を引き起こす可能性がある。

舌と脳の老化関係

脳と舌で老化の関係を見ていこう。

脳の老化をチェックする方法

目隠しをして、「0~9」の形をした飴を口に入れ、10秒以内に舌の感覚で数字を当てる。星形や四角、三角などの飴を使ってもできる。

脳機能の老化は20歳からはじまるといわれており、舌の感覚は老化と共に低下する。できるだけ早く飴の形がわかれば脳年齢が若いということになる。

また、ストレスが多い場合も舌の感覚が麻痺する。ストレスを発散させ、舌の運動をして鍛えよう。

舌と筋肉の関係

目や脳などは加齢によって衰えていくのだが、実は、老化は舌の筋肉の衰えに現れると最新の研究で判明している。

厚生労働省が行った研究によると、65歳以上の2000人を対象に握力など全身の筋力と舌の筋力との関係を調べた。その結果、舌の筋力が痩せている人は30%も筋力低下がみられたのだ。

舌は、のどの付け根まで大きな筋肉の塊。筋肉と繊維が複雑に絡み合っている。

舌の筋肉が衰える原因

では、舌の筋肉が衰える原因はどこにあるのだろうか?

舌の筋力が低下する原因は生活習慣が主。よく噛む回数がいる食品を食べるようにして、咀嚼回数を増やしたり、会話を多くするとよい。

口を動かして会話をすることは舌を鍛えるために必要な運動でもあるのだ。好きな歌を口を大きく動かして歌ってもよい。

舌の色や形そして筋肉量が大切で、放っておくと脳卒中や高血圧のリスクを高めてしまう。

舌の状態をチェックすることで、脳や身体の老化を確認できると共に、早いうちから対処することができるため、定期的に確認しておくことが大切だ。

するめ(スルメ)で健康舌へ

するめを口にくわえる方法

メモ

A
するめを一本口にくわえる

B
舌でするめを奥歯に移動して1回噛む

C
反対側の奥歯に移動し、1回噛む

D
飲み込みやすくなったら終了

1日3本

あくまでも舌を動かすことが重要だ。噛むことが目的ではないので注意。

まとめ 舌の運動をする

舌が自由に動けるのは、口の中で食べ物をたくさん動かすため。食べ物を小さくして消化しやすくする「咀嚼」を助ける働きがある。

舌の筋力が弱ると物が食べづらくなり全身の筋力の衰えにもつながる。脳も老けてしまうのだ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.