気になるキーワードを検索

健康維持の方法

目がぼやける原因は命に関わる病気の可能性がある

更新日:

目がぼやけてみずらいなぁと思った人も多い。そんな呑気なことをいってられないかもしれない。このぼやけは命を落とす危険が隠されている可能性があるのだ。

ドライアイ、近視、老眼など「目のぼやけ」と言ってもその原因はさまざま。しかし、その「ぼやけ」が、視力を完全に失ってしまう病の兆候であることも少なくない。

目のぼやけの定義

目薬などでは改善できない謎のぼやけ。眼底や眼圧、水晶体の検査をしても解決できずに医学界でも原因が特定できず対処のしようがなかった目のトラブル。

目のかすみは、ものがかすんで見えたり、ものがぼやけて見える状態を指す。目のぼやけはふらふらする原因につながるため危険だ。

目のかすみの症状

メモ

・近くのものが見えづらい

・ものにピントが合わせにくい

・視野全体がぼやけたりかすむ

・視界の一部がかけたり、ぼやける、かすむ

・視界に白いフィルターがかかったように見える

目の中には、レンズの働きをもつ水晶体があるのだが、水晶体のピントを合わせるための毛様体筋という筋肉は、人が遠くを見るときに毛様体筋は緩んだ状態で、逆に近くを見るときには毛様体筋に力が入った緊張状態になる。

人の目はウルトラ高性能だ。

しかし、パソコンやスマートフォン、ゲームなど近い場所を長時間みると緊張状態が続いて疲れを感じる原因につながりやすく、筋肉に負担がかかることでピントをあわせる機能が低下し、かすみなどの症状が出やすくなる。

そんなときには「目が疲れてきた」と感じる人も多い。ただ、疲れ目だと思って安心していたら、実は病気の場合もあるため注意が必要だ。

白内障の特徴と症状

加齢などにより水晶体が濁り、視界全体が白っぽくフィルターがかかったように見える場合は、白内障の疑いがある。

70代後半から80代ではほぼ全員がかかるといわれる疾患で、早い場合は30代から水晶体が濁り始めることもある。

人間だけではなく動物全般でよく見られる症状だ。犬を飼ってる人は老犬になると目が濁る個体が多いため知ってる人も少なくない。

治療としては、点眼薬により進行を遅らせる方法や、手術が基本。濁った水晶体を取り除き代わりに人工レンズを入れることで視力を回復させることが可能だ。

緑内障の特徴と症状

視神経に障害がおこり視野が欠けていく緑内障は、長期間かけてゆっくりと視野が欠けていくため気づきにくい特徴がある。

放置すると失明の危険もある怖い目の病気だ。40代から発症患者が増加傾向にある。

急激に眼圧が上がる緑内障発作を起こしたときは、頭痛・吐き気・目の痛み・かすみ・視力低下などの症状を引き起こすこともあるため、早期治療が必要な病気なのだが病気の進行に気づきにくいため見過ごしてしまいがち。

定期的な眼科検診を行うと安心だ。

ドライアイの特徴と症状

目の表面を保護している涙の量が少なくなったり、何かの原因で涙機能がうまく作動せず、目が乾燥し、表面に傷がつく病気だ。

目の乾き、異物感、痛み、ゴロゴロ感などの症状がある。スマホやパソコンなどを長時間見ることで瞬きの回数が減り、発症してしまう人が多くいる。

黄斑変性症の特徴と症状

目の網膜の中心部にある黄斑部が老化などによって変質し、視力の低下や視界の異常を引き起こす病気だ。

60歳以上の男性に多く見られ、症状として片方の視野の中心がかすんだり黒ずんだり、物が歪んで見えるようになる。

糖尿病網膜症の特徴と症状

目の奥にある網膜が、糖尿病が原因で傷んでしまう病気だ。実は成人が失明する原因の1位がこの糖尿病網膜症。

自覚症状が少ない病気のため、知らないうちに病気が進行している場合もあるため定期的に検査を受けるようにするとよい。

まとめ 目のかすみは糖尿病の可能性もある

血液中のブドウ糖値が異常に上昇してくると、レンズ機能を果たす眼球がゆがんでしまうことで、目に入ってくる光が屈折する。

その結果、かすみ目や視界がぼやけて見える原因につながるのだ。

そんなときには目の周囲をマッサージするとよい。また、エアコンを使い過ぎない、部屋を明るくする、液晶の明かりを抑える、長時間近い場所や同じ場所を見ないようにするなど、できることはたくさんある。目を休めさせることが大切だ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.