気になるキーワードを検索

健康維持の方法

誕生月で将来なりやすい病気が判明!あなたの病気は?

更新日:

生まれた誕生月により、かかりやすい病気がある。

これはアメリカコロンビア大学で170万人を対象にした研究で、1688種類の病気と誕生月の関係を検証し、その内の55種類の病気について因果関係があると結論付けたものだ。

誕生した月により将来、病気にかかりやすいものが見えてくる。

誕生月で将来の病気がわかる!

誕生した月で将来発症しやすい病気のリスクが判明した。

アメリカコロンビア大学が行った調査は、170万人を対象に1688種類の病気と誕生月の関係を検証。その内の55種類の病気について因果関係があると結論付けた。

メモ

・1月生まれ
「高血圧」・「心筋症」が発症しやすい月です。

・2月生まれ
「肺がん」・「気管支がん」・「異物感を喉に感じる」など、空気を吸い込むことに関係する病気が発症しやすい月です。一年の内で最も寒い季節に誕生したことになるので呼吸器系に気を付ける必要がありそうです。

・3月生まれ
「前立腺癌」・「冠状動脈硬化症」・「心房細動」・「うっ血性心不全」などが発症しやすい月です。女性の月経痛は少ないとされる月になります。

・4月生まれ
「狭心症」・「心臓発作」などが発症しやすい月です。心臓に関係する病気になりやすいようです。

・5月生まれ
病気のリスクがもっとも少ないとされるのが5月生まれ。とてもラッキーな月に誕生した人のようです。周辺に風邪もひかない人はいませんか?ひょっとしたら5月生まれかも?

・6月生まれ
「心筋梗塞前症候群」や「喘息」になりやすいとされるのが6月生まれ。

・7月生まれ
病気のリスクが二番目に少ない月です。妊娠や出産時の合併症になる確率も低いと言われています。

・8月生まれ
「結膜炎」が発症しやすい月です。気温が高く、体温も上がりやすいためかそこまで重度な病気にはかかりにくいようです。

・9月生まれ
「喘息」・「中耳炎」・「適応障害」・「嘔吐」が発症しやすい月です。

・10月生まれ
「月経痛」・「風邪」・「近視」・「胃の機能障害」などが発症しやすい月です。日常生活で煩わされることが多い病気ですね。生活習慣を変えることで大幅な病気リスクを下げられそうです。

・11月生まれ
「急性扁桃腺」・「ADHD」・「下痢」が発症しやすい月です。急激に寒くなりやすい季節なのでお腹は冷やさないようにしたほうがよさそうです。

・12月生まれ
「痣(あざ)が出来やすい」とされるのが12月生まれです。

まとめ 5月生まれは病気にかかりにくい!

もちろん万人に当てはまるものではなく、誕生月の違う病気にかかる可能性もある。

生まれた月に対して必要以上に気を使う必要はなく、病気になる確率は生活習慣によって大きく変わることも判明しているため、神経質にならずに参考程度に気をつけておくとよい。

誕生月の気温や湿度が人の健康に大きく作用していることがわかる。コロンビア大学の研究で、5月生まれの人は病気になるリスクが最も低いことがわかった。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.