お風呂で正座ダイエット方法の効果と簡単なやり方

更新日:

1日に1度、ほとんどの日本人がお風呂に入ります。お風呂には、ダイエット効果があり、美容や健康にも効果的。これは毎日お風呂に入る習慣がある日本人にとっては、毎日ダイエットができるチャンスを意味しています。


お風呂に入るとダイエットができるパラ~♪


お風呂は毎日入るから、毎日ダイエットができるわ。お風呂に入ることで次の効果があるの。

お風呂ダイエットの効果とお風呂に入るメリット

むくみが取れて顔や脚痩せ

血流の向上

代謝が向上

発汗作用が上がり、老廃物の排出

睡眠の質の向上

冷え性の改善

免疫力の向上

もやパンダ
お風呂は健康になるパラ。

正座お風呂ダイエットの効果

正座してお風呂に入るとダイエット効果が高まります。

骨盤のゆがみなどに効果がありますが、骨盤がゆがんでいると代謝が悪くなってしまったり、ぽっこりお腹になってしまうことがあるのです。

そこで、正座をすることで骨盤のバランスがよくなるため、矯正することができます。

お風呂で正座するメリット

お風呂で正座するメリットは次にあげられます。

ふくらはぎで血流促進

ふくらはぎを加圧すると体温が上昇します。

これはふくらはぎが「第2の心臓」と呼ばれていて、重力によって下半身に流れてきた血液やリンパを、再び上半身に送り返すポンプの役割を果たしています。

下半身に流れてきた血液やリンパが上半身に送り返しにくくなっていると、老廃物が下半身にたまりやすくなり、全身の血流が悪くなって代謝が落ちたり下半身がむくんだりするため、太りやすい体質になります。

正座してお風呂に入ることで、お尻でふくらはぎ全体を加圧することになります。

ふくらはぎをお尻で加圧すると一時的に血流が悪くなりますが、加圧を止めた時にその反動で勢い良く血流が流れるため老廃物も流れやすくなります。

結果的に全身の血流がよくなり、体温を上げることに繋がるため、痩せやすくなります。

発汗作用とむくみ予防

血流がよくなると発汗作用が強まります。

汗をかくと身体の毛穴が広がり、毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れが汗と一緒に身体の外へ流れ、さらに身体の中の余分な水分も排出されるため、むくみを予防することができます。

骨盤の矯正

歪むことで体形を崩したり太りやすくなるといわれている骨盤は、内臓を支える受け皿のような役割をしているため、歪んでしまうと、ポッコリお腹や、血流やリンパの流れが悪くなることで代謝が落ちてしまい太りやすくなります。

このような骨盤の歪みには正座が効果的で、正座をすると骨盤がバランスよく整うため、歪んだ骨盤を矯正することができます。

骨盤が正しい位置に戻ると、内臓の位置も元に戻るためポッコリお腹が解消されて、代謝が上がり脂肪が燃焼されやすくなります。

リラックス効果で良質睡眠

お風呂に入るとリラックス効果が高まります。

正座してお風呂に入ると身体が一気に温まるので、副交感神経が刺激されてリラックス効果が高まります。リラックス効果により、寝付きが良くなるため、睡眠の質が向上。

睡眠中は成長ホルモンがたくさん分泌されるため、代謝が上がりダイエット効果の他にも美容効果も得ることができます。

冷え性の改善

冷え性を少しでも改善するには、身体を温めることが大切です。

身体が温まれば血流が良くなり、体温が上がると免疫力も向上します。お風呂で正座をしながら入ると体温が上がりやすくなります。

もやパンダ
お風呂の正座はメリットがいっぱいパラ。

お風呂で正座ダイエットのやり方

では、お風呂で正座ダイエットはどのようにおこなうのでしょうか?

簡単にできます。やり方を見ていきましょう。

1・・・
38度〜40度のぬるめのお湯に浸かりながら、10分ほど浸かり身体の筋肉をほぐします

2・・・
正座をしましょう。両膝を締めて、かかと同士をつけ、つま先は軽く開くのがポイントです。骨盤を矯正するイメージで行います

3・・・
かかとの上にお尻を乗せて90秒~120秒の間、正座をキープ。

「膝を立てる → 座る → 伸ばす」などを繰り返し脚を解放します。2~3回ほど繰り返しましょう

まとめ 正座で健康にダイエット


毎日入るお風呂で正座して痩せる入浴をするパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる運動

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.