「お風呂で寝る」実は失神していた!危険な入浴とは

スポンサード リンク

お風呂でついついウトウト・・・、実はそれ寝ているのではなく、”失神”している可能性があります。いったいどういうことなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

お風呂で死亡するケースが増えているパラ。急激な温度差から起こる心筋梗塞が有名パラ。とくに寒い冬はあったかいお風呂の温度差で危険パラ・・・。

リラックスできる場所でも油断は禁物です。お風呂でついつい寝てしまう行為、ひょっとしたら失神をしているかもしれません。

お風呂で失神 入浴事故で溺死が急増する理由

消費者庁の調査によると、家庭の浴槽で亡くなるケースは年間5000件ほどにのぼると言います。

お風呂に入るとリラックス神経が働くため眠気を催す効果があります。まずはお風呂に入る時の血圧変化を見てみましょう。

脱衣所で服を脱ぐと外気温の寒さから身体を温めようと一気に血圧が上昇します。その後、入浴と入浴後は体温が上がるため血管が広がり血圧は下がります。

この急激な血圧変化により、脳に血液が届きにくくなってしまうのです。そして失神を招く可能性があります。

お風呂で失神を起こしてしまうと意識を失うことを意味するので溺死につながってしまう恐れがあるのです。

まとめ お風呂で眠くなったら出る

お風呂で眠たくなったら湯船から一度出ることが大切。そして、冷たい水を桶に用意して手をつけましょう。こうすることで血圧を少しだけ安定化させることができます。

もやパンダ
もやパンダ

お風呂は危険パラ・・・。急激な温度変化と血圧変化に気をつけて入るパラ・・・。