たけのこで痩せるダイエットの効果とは

ダイエット
スポンサード リンク

春の旬野菜と言えば何を思いつくだろうか?春によく食べられる食材に「たけのこ」がある。タケノコは竹が伸び切る前に収穫する竹の赤ちゃんなのだが、このたけのこがダイエットに効果があるのだ。

普段何気なく和食のお供についているタケノコなのだが、痩せる効果はいったいどこにあるのだろうか?

タケノコでダイエットができる理由

タケノコ捕りに行ったことがある人はいるだろうか?険しい山の中を登っていき、ふと下を見ると地面にひょっこりと出ている頭。タケノコだ。

山は広い。広大な面積から小さなタケノコを探すのは並大抵なことではない。頭が出ているタケノコならまだよい。そのタケノコよりもさらに上をいく高級のタケノコは頭すら出ていないのだ。

感で探すしかない。

感で目星をつけながら足先に神経を集中させて「スリスリ」。地面を優しく撫でていく。「スリスリ」。ソフトにおこなうのがポイントだ。タケノコを傷つけては元も子もない。「スリスリ」。地球もくすぐったくて大爆笑していることだろう。

こうして苦労して採れたタケノコを消費者はスーパーなどで手軽に食べることができる。

食物繊維が豊富

たけのこを思い浮かべて欲しい。見るからに食物繊維だ。タケノコには豊富な食物繊維が含まれている。食物繊維には2種類あるのだが「水溶性」と「不溶性」だ。水溶性は水に溶けやすい。不溶性は水に溶けにくい。どっちの食物繊維もダイエットには効果がある。

タケノコの食物繊維は「不溶性食物繊維」。セルロースが腸内環境を整え余分なコレステロールの吸収を抑えながら体外に排出する働きがある。

その結果、タケノコを食べることで「便秘の改善・解消、デトックス効果」に期待ができるのだ。

満腹中枢を刺激

タケノコを食べているときに何か聞こえてこないだろうか?

「おぎゃ~おぎゃ~」

いや、竹の中にいるかぐや姫ではない。口の中から聞こえてくるはずだ。

「シャキシャキ!」

なんとも心地が良い音が口の中から溢れ出す。目を閉じるとそこに広がるのは竹林。風になびく竹がこっちを見ながら踊っている。

たけのこを食べると「シャキシャキ」とした噛みごたえがあるのだが必ず噛む動作が入る。噛まないと飲み込むことができないからだ。

噛む回数が増えることで満腹中枢が刺激される。その結果、食べすぎを防止することが可能だ。タケノコをシャキシャキ噛んで満腹になることができる。

この他にも、ビタミン類・アミノ酸の1つで感情や精神機能の調整をおこなう物質「チロシン」も豊富だ。

たけのこに多く含まれるたんぱく質を構成する成分のアスパラギン酸は、疲労回復にも効果がある。ストレス社会で暮らす現代人にとっては嬉しい食材になる。

まとめ タケノコは身体の中を綺麗にしながら満腹になる

日本人にとって「たけのこ」は馴染みが深い食材になる。昔話にも登場するほど身近な存在だ。日本人の身体に合った食材といえる。また、たけのこのカロリーは100gで26kcalと低い。そもそも太りにくい食材なのだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり