動脈硬化を改善予防する食べ物は「鮭」が効果的!

健康維持の方法
スポンサード リンク

動脈硬化はある日突然命を失うこともある危険な病気だ。この予防には鮭が効果的だと言う。いったいどういうことなのだろうか?

鮭にはアスタキサンチンが豊富に含まれており、この栄養素はガンや動脈硬化の予防に効果的だと言われている。

鮭の力とは?アスタキサンチンで動脈硬化を予防

スーパーでは当たり前のように販売されている鮭は多くの人に愛されている食材だ。

鮭の赤色素であるアスタキサンチンはカロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持つ。これにより癌や動脈硬化を予防する効果、老化予防に期待ができる。

さらに、ビタミンDも豊富で、骨を健康に保つ効果もあり、 カルシウムやリンの吸収を促すことで骨を強くする。

また、DHA、EPAも含まれるため、動脈硬化や高血圧、認知症・視覚機能改善、ストレス予防などに期待ができる。

通常、DHAやEPAはイワシや鯖などの青魚に多く含まれる栄養素なのだが、実は鮭にも多く含まれている。普段何気なく食べられている鮭には、病気を予防する栄養成分が豊富に含まれているのだ。

まとめ 鮭の力で血流をサラサラにして健康になる

鮭は美味しい!おいしい鮭で病気の予防ができる。鮭のアスタキサンチンで動脈硬化を予防し、健康を維持するとよい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり